ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gartner」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

AIがITコンサルの仕事を「3割」奪う? ガートナーが予測
AIによって人の仕事が奪われるという議論が続いているが、ITを専門領域とするコンサル業も例外ではないようだ。(2024/2/21)

壊滅のPC業界に救い主?【前編】
絶不調の「PC」市場で本当に“売れない”のはあのPCベンダーだった
PCベンダー各社が「AI PC」を披露するなどPC市場は盛り上がりつつあるが、Gartnerによれば2023年のPC市場は不調が続いた。その中でも、どのベンダーのPCが売れなかったのか。(2024/2/20)

ハイテク企業は成長第一戦略から効率を重視した戦略へ転換:
生成AI以外も注目のIT業界に与える10のトップトレンド Gartnerが発表
Gartnerは「2024年にテクノロジープロバイダー(技術提供者)に影響を与えるトップトレンド」を発表した。(2024/2/19)

Retail Dive:
SNSは2025年までにオワコンになる? 「インプレゾンビ大発生」の影響が調査で判明
適当な発言を繰り返すbotやインプレゾンビをSNSで見ない日はない。ガートナーの調査によると、一般ユーザーのSNSへの信頼度は低下している。宣伝やマーケティングにSNSを利用している企業は、「ユーザーの信頼を失ったSNS」にどう対応すべきだろうか。(2024/2/8)

エグゼクティブリーダーがすべきこととは:
「イノベーションを起こすチーム」の作り方 ガートナージャパンが3つのステップで説明
ガートナージャパンは、エグゼクティブリーダーがイノベーションを主導するために押さえておくべき3つのステップを発表した。「不確実な時代にイノベーションを追求するエグゼクティブリーダーは、自らが次のディスラプターとなることを目指すべきだ」としている。(2024/2/7)

ITサービスが最大の支出額に:
2024年の世界IT支出、約5兆ドルに到達 Gartner予測
Gartnerによると、2024年の世界IT支出は2023年比で6.8%増加し、5兆ドルに達する見通しだ。ITサービスへの支出が、通信サービスへの支出を上回るという。(2024/2/5)

今日のリサーチ:
日本企業のデータ活用は依然として進まず 全社的に十分な成果を獲得しているのはたった3%
データ活用で全社的に十分な成果を獲得している日本企業は3%にとどまることが、ガートナージャパンの調査で明らかになりました。(2024/1/31)

データ活用で成果を得ている日本企業の割合は約3%:
日本企業はなぜ「DX」には積極的なのに「データ活用」には消極的なのか ガートナー
ガートナージャパンは、日本企業のデータ活用の取り組みに関する調査結果を発表した。同社は「企業全体としての姿勢は積極的とはいえず、具体的な取り組みを推進するための組織体制も整っていない」と指摘している。(2024/1/31)

「労働コストの危機は限界点に」:
2024年に人事責任者が取り組むことになる事象トップ9を発表、Gartner
Gartnerは、企業の人事リーダーが2024年以降に組織を適切に配置するために取り組む必要がある事象の予測トップ9を発表した。人事リーダーは2024年、テクノロジーの進歩や従業員の緊張といった、変化するダイナミクスに対処する必要があるという。(2024/1/22)

生成AIを生かすIT戦略
Gartnerが提唱 「生成AI」導入を成功させる“CIOの行動”とは?
近年急速に普及する生成AIは、ビジネスにチャンスとリスクの両方をもたらす。CIOが生成AIの活用を成功させるために取るべき行動とは。3つの視点から解説する。(2024/1/22)

急成長のNVIDIAが初のトップ5:
2023年の世界半導体売上高ランキング、Intelが3年ぶりにトップ
米国の市場調査会社Gartnerによると2023年の世界半導体売上高(速報値)ランキングで、Intelが3年ぶりにSamsung Electronicsを上回り、売上高トップとなった。メモリベンダーの落ち込みは顕著で、前年5位のMicron Technologyはトップ10外に。一方急成長のNVIDIAが初のトップ5入りを果たした。(2024/1/17)

セキュリティはITの問題ではなく経営問題:
その場しのぎの対応は自らの首を絞める ガートナーがセキュリティに関する10の重要論点を発表
ガートナージャパンは、日本の企業がセキュリティに関して2024年に押さえておくべき10個の重要論点を発表した。同社は「セキュリティ戦略が不在のままその場しのぎの対応を継続すると、企業として責任を問われた際に説明に窮する事態に陥る」と指摘している。(2024/1/15)

セキュリティニュースアラート:
ガートナー、2024年に押さえるべきセキュリティに関する10の重要論点を公開
ガートナーは日本企業がセキュリティに関して2024年に押さえておくべき10の重要論点を発表した。クラウドやAI、法規制やサードパーティー、サプライチェーンなどに関連して生じる各種のリスクへの対応を訴えている。(2024/1/12)

2024年に向けて獲得すべき「17のマインドセット」 ガートナーが提言
「産業革命」ともいえるような急激な変化に対応するために持つべきマインドセットとは。ガートナーによる提言を紹介する。(2023/12/29)

ITインフラ&オペレーション管理者が備えるべき課題:
2024年は機械の顧客が増える? Gartnerが発表した2024年のITインフラトレンド6選
Gartnerは、今後12〜18カ月間にインフラストラクチャとオペレーションに大きな影響を与える6つのトレンドを発表した。2024年のトレンドとして、マシンカスタマーや生成AIと並んで拡張接続型ワークフォースなどの新しい動きを挙げた。(2023/12/26)

今日のリサーチ:
「消費者の50%がソーシャルメディア利用を削減」「あえてAI非導入ブランドの出現」他、Gartner5つの予測
消費者のソーシャル離れや生成AI推しとその反動など、2024年以降のマーケティングに関するGartnerの予測を紹介します。(2023/12/23)

「AI使用した開発体制は2〜5年以内に主流に」:
2027年までに企業の50%が機械学習を使ったコーディングツールを使用 Gartnerがハイプサイクルを公開
Gartnerは、先進テクノロジーに関する最新のハイプ・サイクルを示した「Hype Cycle for Software Engineering 2023」を発表した。AIを活用した変革的なテクノロジーは、2〜5年以内に主流になり、2027年までに企業のソフトウェアエンジニアの50%が機械学習を利用したコーディングツールを使用すると予測している。(2023/12/22)

2024年、世界のパブリッククラウドサービス支出は総額6790億ドルに:
「2028年までにクラウドはビジネスに不可欠のものになる」Gartner予測
Gartnerはクラウドコンピューティングがビジネスに果たす役割を予測した。2023年時点では“Technology Disruptor”(テクノロジーの破壊者)であるクラウドは、2028年までには“Business Necessity”(ビジネスに不可欠のもの)に進化するという。(2023/12/19)

23年は2桁減、Gartner予想:
24年の世界半導体売上高は2桁成長、6240億ドルで過去最高を更新へ
米国の調査会社Gartnerによると、2023年の世界半導体売上高は、前年比10.9%減の5340億米ドルになる見込みだ。一方、2024年はメモリ市場がけん引する形で成長し、同16.8%増の6240億米ドルになると予想した。(2023/12/12)

「AIの活用方針とAI対応シナリオを策定する必要がある」:
「AIへの対応はCIOの最優先課題」Gartnerが指摘
Gartnerは、生成AIについて「AIへの対応はCIOの最優先課題であり、AIの活用方針とAI対応シナリオを策定する必要がある」と指摘した。(2023/11/30)

インダストリークラウドプラットフォーム分野の伸長も:
「2024年にパブリッククラウドの支出は6790億ドルに達する」 Gartner予測
Gartnerによると、パブリッククラウドサービスを利用する世界のエンドユーザーの支出は、2024年には前年比20.4%増の6788億ドルに達する見込みだ。(2023/11/28)

「インフラ&オペレーションチームは回復力のある方法でクラウドを使用すべきだ」:
Gartnerが強調、クラウドのレジリエンスを高める9つの原則とは?
Gartnerのアナリストが、インフラとオペレーション(I&O)のリーダーは、クラウド環境のレジリエンスを最大化するために、9つの原則を導入する必要があると強調した。(2023/11/27)

CIO Dive:
生成AIが従業員にもたらす「恩恵」とは? ガートナーの予測を紹介
生成AIが企業や従業員にもたらすのはどのような「未来」か。企業が支払うコストやわれわれのキャリアアップにはどのような影響が出るのか。ガートナーが発表した10の予測から特に重要な3点を紹介する。(2023/11/24)

IT人材の獲得競争で“勝つ”ための採用【前編】
転職IT人材は「スキルだけ」が大事、“あれ”はもう誰も気にしていない?
IT人材の“売り手市場”が続く見通しの中で、高度なスキルを持つ人材に長く勤めてもらうために企業はどのような対策を取るべきなのか。Gartnerアナリストの見方から探る。(2023/11/22)

2024年に向けて知るべきクラウドのトレンド 「自分で運転」する企業へ変革せよ
すさまじい速さで変化するビジネス環境に対応するために、企業は何をすべきなのだろうか。ガートナーが11のトレンドとそれぞれの解説を発表した。(2023/11/17)

生成AI活用の「2つの鍵」 今後1〜2年で企業が「最優先すべきこと」をガートナーが提言
AIを活用するビジネスを成功させるために企業は何をすべきか。ガートナーが「今後1〜2年の間に最優先課題として取り組むべきこと」を提言した。(2023/11/16)

キーワードは「投資の保護」「ビルダーの台頭」「価値のデリバー」:
2024年の動向に注目 ガートナーが目を付けた「10個の戦略的テクノロジー」とは
ガートナージャパンは、2024年に企業にとって重要なインパクトを持つ「戦略的テクノロジーのトップトレンド」を発表した。企業のCIOは、これらのトレンドが自社のビジネスにどう影響するか評価すべきだとしている。(2023/11/15)

カスタマーサービスやサポートに求められる対応とは?:
Z世代は自己解決できない問題を抱えた製品やサービスの利用を諦める Gartner
Gartnerは、Z世代とミレニアル世代の顧客は問題のセルフサービス(自己解決)を好み、サービス担当者に連絡したがらない傾向があるとした上で、今後の顧客基盤の中心となる若年層にふさわしいカスタマーサービスやサポートの在り方を解説した。(2023/11/14)

「2027年までに企業アプリの半数はパブリッククラウド外で構築」:
オンプレミスに残ったアプリケーションは今後どうする?どうなる? Gartnerが推奨する3つのステップ
Gartnerは、2027年までに重要な企業アプリケーションの半数が集中型パブリッククラウド以外の場所で運用されるとの予測を発表した。パブリッククラウド以外でアプリケーションを配置する際のポイントとして3つのステップを推奨している。(2023/11/13)

「今の取り組みが未来の自社にどう貢献するのか」を明確に:
ガートナーは「IoTプラットフォームが熱い」と分析 企業はDX推進のためにどのような技術を導入しているのか
ガートナージャパンは、国内企業のDX推進技術の導入状況に関する調査結果を発表した。それによると最も導入されているDX推進技術は「IoTプラットフォーム」だった。(2023/11/9)

日本企業が今、投資しているテクノロジーは? ガートナーが分析
国内企業がデジタル変革を推進するために多く導入しているテクノロジーは何か。ガートナーの調査から、新しいテクノロジーを導入するに当たっての「壁」が浮かび上がった。(2023/11/29)

CIO Dive:
生成AI搭載のインパクトは? ガートナーがPC市場を引っ張る「次の需要」を予測
ガートナーによると、ずっと冷え込みの続いていたビジネスPC市場がついに底を打ったようだ。最も早く復活の兆しを見せているメーカーはどこか。また、生成AI機能の搭載はPC買い替えを促進する「次の機能」になるだろうか。(2023/11/7)

7割以上の企業がDXのために取り組んでいることとは? ガートナーが調査
ガートナーによると、国内企業がDXに取り組む目的は従来の効率化や既存ビジネスの改善に加えて新規事業にも拡大している。こうした変化に伴って、多くの企業が実施しているITシステム領域の取り組みとは。(2023/11/1)

「生成AI対応アプリ、基盤モデル、AI TriSMが大きな影響を与える」:
2026年までに80%以上の企業が生成AIのAPI/アプリを導入する Gartnerが予測
Gartnerは、2026年までに企業の約80%が生成AIのAPIや生成AI対応のアプリケーションを導入するという予測を発表した。あわせて今後10年間で組織に影響を与える生成AIハイプサイクルも公開した。(2023/10/30)

従業員エンゲージメントの3つの課題への対処法も紹介:
エンゲージメント、熱意、やる気を持って仕事に取り組んでいる従業員は31% Gartner調査
Gartnerは「エンゲージメント、熱意、やる気を持って仕事に取り組んでいる従業員は31%にとどまる」との調査結果を発表し、従業員エンゲージメントに関する現在の3つの課題とそれらへの対処法を解説した。(2023/10/30)

「開発を社外リソースに頼らざるを得ない企業も多い」:
日本企業のDX取り組み状況は今どのくらい? ガートナーが2023年5月時点の調査結果を発表
ガートナージャパンは、国内企業のDXの取り組みに関する調査結果を発表した。それによるとDXの取り組みにおいて、IT部門が主導する分野と非IT部門が主導する分野が分かれていることが分かった。(2023/10/27)

Gartner Insights Pickup(324):
ITはサーキュラーエコノミー(循環型経済)の発展に貢献しているか
ITハードウェアベンダーにとって、サーキュラーエコノミー(循環型経済)への対応はもはや不可欠だ。Gartnerは、2030年までに対応製品が80%に達すると予測する。ベンダーはどう取り組むべきなのか。(2023/10/27)

大きなディスラプションとビジネス機会をもたらす可能性:
生成AIを超えるのは? Gartnerが2024年の戦略的テクノロジートレンド トップ10発表
Gartnerは、企業が2024年に注目すべき戦略的テクノロジーのトップトレンドを発表した。(2023/10/20)

セキュリティニュースアラート:
ガートナー、2023年版「日本におけるセキュリティのハイプ・サイクル」を発表
ガートナーは「日本におけるセキュリティ(インフラ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2023年」を発表した。今回はAIに関連したテクノロジーも多数登場した。(2023/10/19)

Computer Weekly日本語版+セレクション
急浮上のクラウドベンダー、沈んだあの大手とは?
Gartnerの調査によると、2022年のIaaS市場は好調だったが、主要クラウドベンダーの成長にはばらつきがあった。何が明暗を分けたのか。今後のクラウドサービス市場のけん引役とは。(2023/10/18)

3年後は「8割以上」の企業が生成AIを活用? ガートナーが2023年版「生成AIのハイプ・サイクル」を発表
ガートナーによると、2026年までに8割以上の企業が生成AIのAPIやモデルを使用して生成AIに対応したアプリケーションを本稼働環境に展開する見通しだ。生成AIについて特に注目すべき3つのイノベーションとは何か。(2023/10/20)

Cybersecurity Dive:
成功するセキュリティ担当者に共通する「5つの行動」
Gartnerは有能なCISOが実践している5つの行動を明らかにした。成功しているCISOはそうでないCISOと比較してこれらの5つの行動が1.5倍多く見られるという。(2023/10/14)

「生成AIのハイプ・サイクル」2023年版をガートナーが公開 LLMやプロンプトエンジニアリングは「過度な期待のピーク」に
ガートナージャパンが「生成AIのハイプ・サイクル」2023年版を公開。大規模言語モデル(LLM)やプロンプトエンジニアリングといった技術は「過度な期待のピーク」にあるとした。(2023/10/13)

「デベロッパーエクスペリエンス」「プラットフォームエンジニアリング」など:
ソフトウェア開発責任者なら知っておきたい3つのテクノロジートレンドとは? Gartner
Gartnerは2023年以降のソフトウェアエンジニアリングにおける3つの戦略的テクノロジートレンドを発表した。(2023/10/6)

子会社設立の主な目的はコスト抑制:
IT子会社の課題は「受け身体質」「スピード感」、ではどう改善する? ガートナーが提言
ガートナージャパンは、国内のIT子会社の実情に関する調査結果を発表した。IT子会社を設立している主な理由は、人件費の抑制やシステム開発コストの抑制、システム運用コストの抑制などだった。(2023/10/6)

過去10カ月間に生成AI投資を増やした企業も過半数に:
直近6カ月で生成AIを使う企業が急増 55%が試験運用または本番運用:Gartner調査
経営幹部1400人以上に対するGartnerの調査によると、45%が生成AIの試験運用を行っていると回答し、10%が生成AIの本番運用を行っていると回答した。(2023/10/6)

約4分の1の組織でプライバシー拡張技術も導入:
34%の組織は生成AIリスク軽減のためのセキュリティツールを活用している Gartner調査
Gartnerが発表した調査結果によると、34%の組織が生成AIに付随するリスクを軽減するために、人工知能(AI)アプリケーションセキュリティツールを既に使用しているか、導入しているという。リーダーやエグゼクティブを対象としたこの調査では、半数以上(56%)がそのようなソリューションを検討していると回答した。(2023/10/3)

SnapchatのMy AIで考える「ChatGPT」のインパクト【前編】
Gartnerも興味津々 SnapchatのChatGPTベース機能「My AI」とは何なのか
Snapが「Snapchat」に追加した「My AI」は、OpenAIの「ChatGPT」をベースにした生成AI機能だ。My AIでできることとは何なのか。My AIに対する専門家の評価とは。(2023/9/30)

収益損失、ブランド毀損を引き起こす?:
Gartnerが2025年までに多国籍企業の3割が深刻な影響を受けると予測した、デジタル主権リスクとは
Gartnerは2025年までに多国籍企業の30%が、管理されていないデジタル主権リスクによる収益損失、ブランド毀損、法的措置を経験するという見込みを発表した。(2023/9/29)

クラウド前提のレジリエンスとは:
「クラウドが止まるようなことはないだろう」とリスクを軽視する経営層は多い ガートナー
ガートナージャパンは、クラウドへの移行が進むIT基盤のレジリエンスに関する見解を発表した。ITによって発生するビジネスの停滞を軽減するには「可用性と迅速なリカバリー性を両立させ、向上させることが重要だ」としている。(2023/9/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。