ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Gartner」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

iPhone出荷台数、7〜9月期は前年同期比10%減──Gartner調べ
Gartnerが7〜9月期の世界スマートフォン市場調査を報告した。総出荷台数は前年同期比0.4%減。Appleの出荷台数は10.7%減でシェアを1.3ポイント落とした。(2019/11/28)

CRMテクノロジーは「過度な期待」のピーク期へ――ガートナー、2019年版「日本におけるCRMのハイプ・サイクル」を発表
2019年の国内CRM市場では、カスタマーエクスペリエンス(CX)の提供を支援するテクノロジーが“ハイプ・サイクルの坂”を急速に上り、「『過度な期待』のピーク」に向かっているという。ビジネスの差別化につながるCXの提供に必要なものとは?(2019/11/26)

サブスクリプション管理などが黎明期に:
ガートナーが「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2019年」を発表
ガートナー ジャパンは「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。サブスクリプション管理や営業エンゲージメントプラットフォームなどが黎明期に位置付けられた。(2019/11/26)

Gartner Insights Pickup(134):
AIプロジェクトの効果、トップ3
Gartnerは、100以上のAI導入事例を収集し、これらの事例で挙げられている主な効果を調べた。デジタルビジネスのリーダーは、AIプロジェクトの投資対効果(ROI)の最大化に向けて、プロジェクトの効果の特定と定量化という課題をクリアする必要がある。(2019/11/22)

Weekly Memo:
クラウド導入をSIerに“丸投げ”するな――ガートナーが直言
企業のIT化をSIerに“丸投げ”することが問題視されてきたが、それがクラウド化でも起きている――。今回はガートナーの名物アナリストである亦賀忠明氏のこんな直言を取り上げて考察したい。(2019/11/18)

テクノロジーと人間の関係:
過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる人々が知るべきポイントを紹介する。(2019/11/15)

技術と人間との関係を示す「重要な戦略的展望」トップ10を発表、雇用や金融の変化など ガートナー
ガートナーは、2020年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。2025年までに、銀行口座を持たないスマートフォン所有者の50%が、モバイルでアクセス可能な仮想通貨口座を利用することなど、10項目が示された。(2019/11/15)

今後の技術的トレンドは「ハイパーオートメーション」や「自律的なモノ」など ガートナー発表
ガートナー ジャパンは、今後5年間で重要な転換点に達する「戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」の2020年版を発表した。「ハイパーオートメーション」や「自律的なモノ」などが選ばれている。(2019/11/14)

「分散型クラウド」や「専門性の民主化」など:
ガートナーが2020年版「戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」を発表
ガートナー ジャパンは、今後5年間で重要な転換点に達するトレンドを示す「戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」の2020年版を発表した。「分散型クラウド」や「自律的なモノ」などが選ばれた。(2019/11/14)

「デジタルイニシアチブを加速させて均衡点への到達を目指せ」ガートナーが提言
ガートナー ジャパンは、絶え間なく変化する世界で成功するには、ITリーダーによる「かじ取り」が不可欠だと提言した。ITリーダーにとっては、地政学的シフト、経済的シフト、巨大デジタル企業の台頭という3つの力への対処が重圧になっている。(2019/11/13)

2023年の国内IT支出額は29兆円規模へ 金融・運輸を中心に平均1.9%増で成長――ガートナー予測
ガートナー ジャパンの予測によると、日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応などが後押しし、2023年まで年平均1.9%増で推移して29兆円に達する。業種別では、特に金融、運輸での高い成長率が見込まれるという。(2019/11/11)

政府官公庁/地方自治体の成長率はマイナス:
2023年国内IT支出は年平均1.9%増の29兆円 ガートナーが予測を発表
ガートナー ジャパンの、国内のIT支出に関する予測によると、2018年から2023年までの年平均成長率は全体で1.9%。2023年の支出額は約29兆円。年平均成長率が最も高い業種は金融で2.4%増と予測する。(2019/11/8)

5Gは「『過度な期待』のピーク期」に ガートナーが「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表
ガートナー ジャパンは「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表。「『過度な期待』のピーク期」には5Gを、「幻滅期」にはAIを取り上げた。(2019/11/1)

IoTや人工知能は「幻滅期」に:
ガートナーが2019年版「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル」を発表
ガートナー ジャパンは「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」で、日本のITリーダーがデジタルビジネスを推進するに当たって重要なキーワードとして、40種類の技術やサービスなどを取り上げた。(2019/11/1)

国家の対立や景気減速に立ち向かうには:
GartnerがCEOの3大懸念事項を解説、CIOに求められる課題とは?
Gartnerは、2019年時点で企業CEOが考える最も大きな3つの懸念事項として、「再グローバル化」「景気減速」「デジタル化の不透明性」を挙げた。CIOはこの3つの懸念事項を理解し、今後12〜18カ月にわたる戦略計画で対処する必要がある。(2019/10/31)

Gartnerに聞く「iOS」の脆弱性がもたらす影響【後編】
「iPhoneは絶対に安全」だという思い込みはなぜ危険なのか
2019年2月に複数の脆弱性が見つかった「iOS」。この件をきっかけに、モバイルデバイスのセキュリティに対する人々の意識が変わりつつあるとGartnerは話す。モバイルデバイスを安全に運用するには何が必要なのか。(2019/10/29)

漸進的な変革アプローチが重要に:
「デジタル化に関する誤解」が企業幹部の最大の懸念事項に、Gartnerが調査
Gartnerの「Emerging Risks Monitor Report」の最新版によると、2019年第3四半期には、「デジタル化に関する誤解」と「デジタル化の遅れ」が、世界のビジネスリーダーが抱える最大の懸念事項となった。(2019/10/28)

Gartner Insights Pickup(130):
今後の企業におけるインフラ&オペレーションに影響を与える10のトレンド
これからのデジタルインフラのサポートに向けては、重要な技術とトレンドを押さえることが求められる。Gartnerが選んだ、インフラおよび運用に関するトレンドのトップ10(2019年版)をお届けする。(2019/10/25)

RPAの後を継ぐのは:
Gartnerが2020年の戦略的テクノロジートレンド「トップ10」を発表
Gartnerは、「企業や組織が2020年に調査する必要がある」とした戦略的テクノロジートレンドのトップ10を発表した。RPAからさらに広がる「ハイパーオートメーション」やヒトの意思や感覚を介した「マルチエクスペリエンス」などを挙げた。ブロックチェーンに関する言及もある。(2019/10/24)

経営トップの9割は「IT部門はビジネスの拡大に寄与していない」と考えている
ガートナー ジャパンが実施したIT部門に関する調査で、経営トップが「IT部門はビジネス拡大への貢献度が低い」と考えていることが分かった。同社は、IT部門の価値を高めるフレームワークを提唱している。(2019/10/24)

Gartnerに聞く「iOS」の脆弱性がもたらす影響【前編】
iPhoneの“安全神話”はGoogleが見つけた脆弱性で崩壊か?
複数の脆弱性が「iOS」に存在していたことが、Googleのセキュリティチームの調査で判明した。Appleはパッチを配布済みだが、この問題を受けてiOSのセキュリティに注目が集まっている。Gartnerに実情を聞いた。(2019/10/22)

ブロックチェーンは「幻滅期」の谷底へ 今後5〜10年で社会的インパクトをもたらす技術に成長――ガートナー予測
ガートナーによると、世界市場におけるブロックチェーン技術は、新技術登場初期の注目や期待が集まる「『過度な期待』のピーク期」を過ぎ、関心が薄れる「幻滅期」の谷底に向かっているという。今後、実用的なユースケースを経て普及期に向かい、5〜10年先に変革的なインパクトをもたらすと予測する。(2019/10/23)

ブロックチェーンが変革的インパクトをもたらすのは、5−10年後 ガートナー
ガートナーは「ブロックチェーン・テクノロジーのハイプ・サイクル 2019年」を発表した。(2019/10/18)

世界のソーシャルソフトとコラボレーション市場、2023年までに2倍成長 活用のカギは従業員――ガートナー予測
ガートナーは、ソーシャルソフトウェアとコラボレーションの世界市場は、2023年までに現在の約倍の48億ドル規模に成長すると予測。企業のデジタルジャーニーの成否は、そうしたコラボレーションで形成されるデジタルワークプレースの活用いかんによるという。(2019/10/10)

今後は「幻滅期」から「啓蒙活動期」に:
ブロックチェーン技術がビジネスに革命を起こすのは5〜10年後、Gartnerが予測
Gartnerは最新レポート「Hype Cycle for Blockchain Technologies, 2019」を発表し、ブロックチェーン技術はハイプサイクルの「幻滅期」に入ろうとしていると指摘した。(2019/10/10)

必要なのは第三勢力
生産性ツール市場でMicrosoftとGoogleが取るべき戦略は同じ?
Office 365とG Suiteを中心とした生産性ツール市場をGartnerが分析。今後の市場動向と、MicrosoftとGoogleが取るであろう戦略を語った。(2019/10/9)

技術以外の取り組みが必要:
「ブロックチェーンビジネスのハイプサイクル」を発表、Gartner
Gartnerはブロックチェーンに関する最新レポートを発表した。ブロックチェーン技術は今後5〜10年間にほとんどの業種において、ビジネスを変えるような影響を与えるとの見通しを示した。特に銀行と投資サービス、ゲーム、小売業界の動向をまとめている。(2019/9/17)

Gartner Insights Pickup(124):
デジタルビジネスの成功に不可欠な「ContinuousNext」戦略、5つの要素とは
2019年6月にカナダのトロントで開催された「Gartner IT Symposium/Xpo」において、Gartnerのアナリストが、同社の「ContinuousNext」のコンセプトと、CIOがこのコンセプトに基づいて新しい考え方とプラクティスをどのように構築・推進し、共有できるかを解説した。(2019/9/13)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
AWSセキュリティを強化、設定・ツールに関する「12のベストプラクティス」
AWSは強力なクラウドサービスだが、一方でAWSの責任共有モデルがIT部門を悩ませている。複雑なクラウドのセキュリティ管理は難しく、Gartnerもセキュリティ事故の発生を予測する。AWS設定のベストプラクティスを把握しておきたい。(2019/9/18)

ガートナー、「先進テクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」を発表:
「5G」「バイオチップ」が“期待のピーク”に 「デジタルエコシステム」や「高度なアナリティクス」がビジネスの鍵
ガートナーの2019年版「ハイプ・サイクル」によると、地球全体のカバレッジを目指す「低軌道衛星システム」や「5G」、完全自動運転の「自律走行(レベル5)」、身体能力を拡張する「バイオチップ」などが、注目度の高い「過度な期待」の時期に挙がった。(2019/9/3)

5Gは「過度な期待」のピーク:
2019年版「ハイプ・サイクル」発表 センシング、モビリティ技術に注目
ガートナー ジャパンは「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」で、「センシングとモビリティ」や「高度なAIとアナリティクス」など、5つの先進技術トレンドを挙げた。(2019/9/2)

5GやAI PaaSは「過度な期待」のピーク 2019年版「ハイプ・サイクル」公開
米Gartnerは、先進テクノロジーが登場した後の動きを視覚的に説明する「ハイプ・サイクル」の2019年版を発表した。5Gやバイオチップ、AI PaaSなどは「過度な期待」のピーク期にあるという。(2019/8/30)

製造マネジメントニュース:
「レベル4自律走行」は引き続き“幻滅期”、「5G」や「エッジAI」は“過度の期待期”
米国の調査会社Gartnerは、「先進技術におけるハイプサイクル2019年版」を発表した。調査結果によると、5Gやバイオチップ、エッジアナリティクスなどが「過度の期待のピーク期」を迎えている一方、レベル4自律走行は「幻滅期」に入ったとしている。(2019/8/30)

Gartner Insights Pickup(121):
セキュリティ向上に効果的なパスワードレス認証の導入を検討する時期が来た
パスワードを使わないユーザー認証が、ようやく現実的な手段として考えられるようになってきた。Gartnerは2022年までに、グローバル大企業の60%と中堅企業の90%が、ユースケース全体の50%以上で、パスワードレス認証を実装するようになると予想している。(2019/8/23)

企業はITリソース不足を「外注」でカバーせよ? ガートナーが新指針
ガートナー ジャパンは、デジタル時代のパートナー戦略に関する指針を発表。ユーザー企業は、リソースが限られていることを前提にしたIT施策を遂行していく必要があり、そのためには、社外のパートナーを広く捉え、その能力を有効活用する取り組みが欠かせないという。(2019/8/21)

ブロックチェーンはプロトコル
ブロックチェーンには企業利用に必要な機能が欠けている
CIOはまだブロックチェーンについて十分に理解しておらず、混乱が見られる。企業の情報基盤として利用するために必要な機能が欠落している。ブロックチェーンに対するGartnerの姿勢はいまだに慎重だ。(2019/8/21)

電波漏れの不安は解消
Wi-Fiよりも安全で安定? 光無線技術「Li-Fi」
光を利用する無線技術「Li-Fi」の実用化が進んでいる。Gartnerが指摘するようにまだ制限もあるが、Wi-Fiにはないメリットもある。用途によっては有力な選択肢になるかもしれない。(2019/8/16)

ハイブリッドクラウド管理【後編】
ハイブリッドクラウド化を目指す企業が導入すべきツール群
ワークロードのクラウド移行に当たっては多くの課題が残っている。これらを解決して効率的に運用するには何が必要なのか。Gartnerの調査によると、ハイブリッドクラウドに乗り出した企業が求めたツールがある。(2019/8/15)

機能と短期的メリットを過大評価
現在のブロックチェーン基盤は2年以内にリプレースが必要
宣伝文句が先行した結果、ブロックチェーンの周辺ではさまざまな問題が生じている。Gartnerは、安全性を確保し、陳腐化を防ぐためにブロックチェーン基盤のリプレースが必要と主張している。(2019/7/29)

今日のリサーチ:
自社のデータ資産価値を財務的に評価しているCDOはわずか8%――Gartner調査
Gartnerは、世界の最高データ責任者最高アナリティクス責任者への調査を実施しました。(2019/7/26)

Wi-FiからV2X無線、遠距離無線充電まで:
Gartner、2019年以降の「無線技術」の10大トレンドを発表
Gartnerは、無線技術の10大トレンドを発表した。Wi-Fiや5Gなど比較的なじみ深い技術から、無線センシングやバックスキャッタネットワーキングまで幅広い無線技術について扱っている。(2019/7/25)

国内企業のソフトウェア契約形態は「データボリューム課金」に移行 適切なコスト管理が鍵――ガートナー調査
国内の企業向けソフトウェアの契約形態で現在主流の「ユーザー課金」や「デバイス課金」は、デジタル化を背景に、「データボリューム課金」に取って代わるという。ユーザー企業は、データボリュームの測定方法や従来契約とのコストの違いを十分に検討することが望ましいという。(2019/7/25)

Gartnerが売上予測を下方修正:
世界半導体市場「2009年以来の低成長」米中摩擦などで
 米調査会社のGartner(ガートナー)は2019年7月22日(米国時間)、2019年の世界の半導体市場の売上高は4290億米ドルとなり、2018年の4750億米ドルから9.6%減少するとの予測を発表した。同社の前回予測3.4%減からさらに下方修正した形であり、同社のシニアプリンシパルリサーチアナリスト、Ben Lee氏は、「米中貿易戦争やスマートフォンやサーバ、PCなどの主要アプリケーションの低迷によるメモリなどの価格下落は、世界の半導体市場を2009年以来の低成長へ向かわせている」としている。(2019/7/24)

自社データの財務的価値を把握している企業は1割以下、機械学習やAIは「重要」と考えている ガートナー調査
ガートナーの調査結果によると、自社の情報やデータ資産の財務的価値を測定している割合は8%。機械学習やAIについては、多くの最高データ責任者が重要だと回答した。(2019/7/19)

データ活用には「最高データ責任者」(CDO)を:
マスターデータ管理(MDM)の成熟度がビジネスの成果に影響する ガートナー
ガートナーは「第4回最高データ責任者(CDO)サーベイ」の結果を発表した。企業情報管理やBI/アナリティクスと比べて、マスターデータ管理(MDM)の成熟度は低かった。機械学習やAI(人工知能)については、多くのCDOが重要だと回答した。(2019/7/19)

従業員の代替がAI導入の目的なのか:
AI導入の課題は「スキル」や「ユースケース」の不足ではない、Gartner
AIや機械学習(ML)に取り組んでいる企業では、平均4つのAI/MLプロジェクトを実施している。プロジェクト数は2020年に倍、2021年にはさらに倍へと増えていく見通しだ。だが、AI/MLにおける課題も見えてきた。(2019/7/17)

VDIが安定期に、ガートナーが国内セキュリティ分野のハイプサイクルを発表
次世代ファイアウォールやVDIは安定期に入り、イミュータブルインフラストラクチャなどが黎明(れいめい)期にあるとしている。(2019/7/9)

「仮想デスクトップインフラ」は安定期に:
2019年版セキュリティのハイプサイクルを発表 ガートナー
ガートナー ジャパンは「日本におけるセキュリティ(インフラストラクチャ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2019年」を発表した。「イミュータブルインフラ」などが黎明(れいめい)期にあるとされた。(2019/7/9)

データに基づくたゆまぬ改善でさらなる成長を目指す
メルカリ流「分析の組織と文化」はこうして作られる
ガートナーのイベントにおけるメルカリの松田 慎太郎氏の基調講演から、同社における分析の組織と文化の作り方についてまとめた。製品選定の話ではないが、分析を社内に根付かせる上で参考になるはずだ。(2019/6/26)

日本企業はディスラプションに対応するリーダーシップの欠如が明白――ガートナー
ガートナーの調査によると、日本企業はデジタルビジネスの取り組みで世界の企業に後れを取っていることが判明。要因は、変化に対応する“チェンジリーダーシップ”の欠如やIT人材不足などにあり、日本企業独特の組織文化の障壁が影響しているという。(2019/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。