ニュース
» 2018年05月14日 06時12分 公開

7月9日から1カ月間:満員電車ゼロ目指す 東京都「時差Biz」今夏も実施

昨年に続き、東京都は会社勤めの人たちなどの通勤時間をずらして、通勤ラッシュを解消する「時差Biz」を実施する。夏季の実施期間は昨年の倍の1カ月間。今年度は冬季も行う予定だ。

[ITmedia]

 東京都は企業や行政の働き方改革を促す施策として、通勤時間をずらして混雑する通勤ラッシュを回避する「時差Biz」を7月9日〜8月10日の期間で実施する。17年夏に続き2度目。前年度の3倍以上にあたる1000社の参加を目指す。

とりわけ通勤ラッシュが深刻な問題となっている東急電鉄・田園都市線 とりわけ通勤ラッシュが深刻な問題となっている東急電鉄・田園都市線

 実施期間は約2週間だった昨年と比べて倍に増やす。加えて冬季にも初めて実施する。19年1月下旬から2週間程度を予定する。小池百合子知事は「時差Bizをライフスタイルとしてしっかり定着させるとともに、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたTDM(交通需要マネジメント)の1つとしても取り組んでいく」とコメントした。

 昨年は約320社が時差Bizに参加。東京都が実施したアンケート調査によると、参加企業の社員の多くは出勤時間帯を午前7時台あるいはそれ以前と、早い時間帯にシフトした。また、時差通勤によって約6割が「通勤時の快適性」「仕事の効率性」「プライベートの充実」に効果ありと回答した。一方で、「バラバラに出勤するので、会議や打ち合せなどの調整が難しかった」「混雑度の見える化があいまいでよく分からなかった」といった意見も出た。

通常の出勤時間帯、時差Biz期間中の出勤時間帯について(出典:東京都) 通常の出勤時間帯、時差Biz期間中の出勤時間帯について(出典:東京都)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集