連載
» 2018年08月03日 07時45分 公開

赤坂8丁目発 スポーツ246:本当はいい人の村田修一が、引退に追い込まれた背景 (1/4)

横浜ベイや巨人で活躍し、現在はBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの村田修一内野手が事実上の引退を明らかにした。輝かしい成績を残した村田に対して、なぜ球界は“スルー”したのか。その背景には誤解があるようで……。

[臼北信行,ITmedia]

 「男・村田」が現役生活に事実上のピリオドを打つことになった。

 巨人や横浜ベイスターズで活躍し、現在はBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの村田修一内野手がNPB(日本野球機構)球団の支配下登録期限である7月31日までにオファーがかからなかったことで会見を開き、その無念の胸中を明かした。

 集まった報道陣を前に自身の今後について来季も現役を続行することは考えにくいものの、残りのシーズンは所属チームのために全力を注ぐ構えを貫いた上で「現段階では引退という言葉は使いたくない」と独特の言い回しとともに村田節を全開にした。

報道陣の前で村田は「現段階では引退という言葉は使いたくない」と語った(写真提供:ゲッティイメージズ)

 ただ、村田自身が言うように来季もユニホームを着続けることは極めて厳しいだろう。一切のオファーがかかっていない苦しい状況下であるにもかかわらず、今オフになってから急に都合よく事態が好転し、セ・パ12球団の内のどこかからあらためてラブコールを送られるようになるとはやはりどうしても思えない。そうなれば11月に予定されている国内トライアウトを受けるか、あるいは一大決心してメジャーリーグの門を叩いてみるなどしかなく、いずれにしても現役続行はイバラの道だ。

 15年に渡るNPB球団での現役生活において村田は横浜時代に本塁打王のタイトルを2年連続で獲得し、2012年シーズンからの巨人移籍後も打撃はもちろんのこと正三塁手としてもゴールデングラブ賞やベストナインに輝き、投打に渡ってチームを牽引。しかし17年オフ、巨人側から若返りを図るチームの編成方針によって戦力外を通告され、自由契約となっていた。これだけ能力の高い選手が契約上では何のしがらみもなく手を差し伸べやすい条件となっていたはずなのに一体どうして“スルー”されてしまったのだろうか。誰しもが疑問を禁じえないだろう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -