連載
» 2018年08月17日 07時00分 公開

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:最大50%還元! JR西日本「ICOCAポイント」、“大胆策”の理由 (1/6)

JR西日本が平日昼間と土曜・休日に「タイムセール」を始める。京都〜大阪間なら、1カ月間に4回目以降の乗車で最大50%のポイントを還元する、大胆な取り組みだ。JR西日本がこの取り組みをやらねばならない事情とは……?【更新】

[杉山淳一,ITmedia]

 JR西日本が平日昼間と土曜・休日に、ICカード乗車券「ICOCA」を使った「タイムセール」を始める。1カ月間に4回目以上の乗車で、区間によっては最大50%のポイントを還元する。大胆な取り組みだが、JR西日本にはこれをやらねばならぬ事情があるのだ。

 8月9日に発表したポイント還元サービスの詳細によると、列車の乗車回数やICOCA電子マネーの利用状況に応じてポイントが付与され、そのポイントはICOCAへのチャージによって還元される。1ポイント=1円として利用できる。利用時間が限定されるとはいえ、4回目以降の乗車で30%、あるいは50%も還元される区間がある。また、利用時間帯を限定せず、11回目の利用から10%ポイント還元する制度も始まる。回数券に替わる制度としても注目すべき取り組みだ。

photo JR西日本が開始する「ICOCAポイント」。乗車の日時・区間によっては、ポイント還元率がかなり高くなる

 ICOCAの利用推進を目的としたポイントサービスについて、JR西日本は、ほぼ1年前の2017年9月7日に導入を発表していた。発表内容は「18年秋にサービス開始」「ICOCAエリアで導入」「利用登録済みのICOCAで自動改札を利用した場合の利用状況を毎月集計し、その状況によってポイントを付与。そのポイントはICOCAにチャージできる」というものだった。

 今回の発表は「10月1日からサービス開始」「ポイント付与条件」などの詳細だ。また、ICOCAポイントの開始に伴って、回数券方式の「昼間特割きっぷ」の廃止と、クレジットカードと連動した「SMART ICOCA」で提供されている「J-WESTポイント」の終了が告知された。つまり、利用者の目線で捉えれば、ICOCAポイントは昼間特割きっぷの代わりになる新しい割引サービスであり、列車の利用200円ごとに1ポイントだったJ-WESTポイントの発展的解消ともいえる。これらの話は後述するとして、まずはICOCAポイントのポイント付与と還元の仕組みを調べてみた。

photo ICOCAポイントが獲得できるエリア(出典:JR西日本報道資料
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -