特集
» 2005年09月02日 08時27分 UPDATE

OOo 2.0が変えるオフィスアプリ基準 第6回:OpenOffice.org「Draw」はMS Officeには無い付加価値へ (1/3)

OpenOffice.org 2.0が変えるオフィスアプリ基準の6回目は、「図形描画」をクローズアップする。Drawは、Microsoft Officeには単独として無い機能を備えている。Word対抗のWriterなどと連携し、クリップアートの充実さを狙う。

[可知 豊,ITmedia]

 「Draw」(ドロー)は、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」に含まれている作図ソフトである。ドローツールとも呼ばれる。

 Drawで描いた図形データは、線分の集まりとして記録されるため、拡大や変形によっても画質が劣化しないという特徴を持つ。

 一方、Microsoft Officeには独立した作図ツールが付属されておらず、付属の「図形描画機能」を利用する。そのため、図形データだけをファイル保存することはできない。これに対し、Drawは独立したツールのため、描いた図形をファイルに保存できる。また、OpenOffice.orgは、WordとPowerPointと同じように、ツールごとに図形描画機能を備えている。ツールに合わせて使用できる機能が少しずつ異なっているが、操作は共通だ。最新のOpenOffice.org 2.0に含まれるDrawでは、従来のバージョンと比べると描ける図形パターンが増えており、多彩な表現が可能になっているのだ。

OOoReview_601.png 画面■Drawでは、簡単なイラストや地図のほか、凝ったレイアウトの文書も作成できる。Wordでテキストボックスを駆使するより、Drawのほうが簡単だろう

 Microsoft Offcieで地図やイラストを描いたり、凝ったレイアウトの文書を作成したりするには、WordやPowerPointを代用してきたが、Drawを使えば、このような作例を容易に描くことができる。

Drawの特徴的な機能

 実をいうと、新バージョンのDrawの新しい機能そのものはそれほど多くない。

 いちばんの変更点は、前述のように描ける基本図形の種類が増えたことだ。Microsoft Officeの図形描画機能と同じような図形パターンが追加されおり、ちょっと凝った図形も簡単に描ける点が特筆に値する。見かけ上では、Impressと同じように画面が複数のフレームに分割されており、複数のページがある場合に各ページを参照しやすくなっている。

OOoReview_602.png 画面■図形パターンが増えて、多彩な表現が可能になっている

 新機能が少ないといっても、従来のバージョンから便利な機能を備えていたため、充実度はかなりのものだ。たとえば、図形同士を結びつけるコネクタや寸法線を描く機能は、ブロック図や間取り図などに便利だ。

OOoReview_603.png 画面■Drawで間取り図を描く。寸法線はあらかじめ用意されている

 複雑な図形を描くために、複数の図形を組み合わせて、それを合成したり、差分の図形を作ることができる。この機能は、[変更]→[シェイプ]→[***]で呼び出せる。

OOoReview_604.png 画面■図形を組み合わせて、複雑な図形を作る。2つの図形を合成したり、差分の図形を作成できる

そのほかの図形描画機能

 OpenOffice.orgでは、ツールごとに図形描画機能を備えている。使い方は共通だが、一部の機能に違いがある。

 WriterCalcの図形描画機能は、標準では表示されず、標準ツールバーの「図形描画機能」ボタンで呼び出す。Drawと比べると、コネクタなど描ける図形の種類が少なくなっている。文書作成に使用する単純な図形であれば、この機能だけで十分だろう。

OOoReview_605a.png 画面■Writerの図形描画機能を呼び出す
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ