ニュース
» 2005年11月09日 16時22分 UPDATE

JavaOne Tokyo 2005 Report:サン、JavaOneでJava Studio Enterprise 8の無償化を発表

この日本格開幕したJavaOne Tokyoでサンは、Javaアプリケーション統合開発環境の最新版、「Sun Java Studio Enterprise 8」が世界に向けてローンチし、無償化することも併せて発表した。

[浅井英二,ITmedia]

 基調講演や展示会が始まり、本格開幕した「JavaOne Tokyo 2005」で11月9日、Javaアプリケーション統合開発環境の最新版、「Sun Java Studio Enterprise 8」が世界に向けてローンチされた。

 Java Studio Enterprise 8は、オープンソースのJava開発環境である「NetBeans 4.1」をベースとし、企業向けアプリケーション開発に必要な機能を追加したもの。従来であれば、こうした企業向けの製品やツールは有償だったが、「Sun Developer Network」にユーザー登録すれば、無償でダウンロードでき、すぐに開発を始められる。同社では、「参加の時代」を加速すべく、開発プラットフォームとしての統合開発環境を無償提供することを決めたとしている。

 基調講演後に行われたプレスブリーフィングで、「Java Studio Enterprise 8の画期的なプライシングとビジネスモデルによって、Javaアプリケーションの開発が一層加速できる」と話すのは、米Sunでデベロッパーツール担当マーケティングディレクターを務めるダン・ロバーツ氏。

 「登録すればすぐに使え、コストの障壁がなくなるほか、コミュニティーを介して、さまざまなサンプルアプリケーションやチュートリアルにアクセスできる。開発者同士の交流から生産性の向上という相乗効果も見込める」(ロバーツ氏)

 サンのC&I推進室主幹部長を務める増月孝信氏によれば、より多くの人たちがJavaアプリケーションを開発できるよう、技術情報なども日本語化されるという。

 Java Studio Enterprise 8は、NetBeans 4.1をベースに、チーム開発のためのコラボレーション機能をはじめ、J2EE 1.4対応、UML 2.0に沿ったUMLモデルによる分析/設計/開発のサポート、包括的なプロファイリングおよびテスト機能などが強化されている。特に、UMLモデリングの統合では、固有のコードマーカーを挿入することなく、モデルとコード間における双方向が可能な唯一の統合開発環境だとしている。

 米Sunでソフトウェア担当テクニカルディレクターを務めるチャールズ・ベッカム氏は、「UMLモデリングの統合によってアプリケーションのライフサイクル全体でアーキテクチャーを統制していくことができる。また、Application Profilerでは、クライアント環境をシミュレートして負荷をかけ、ランタイム環境であるSun Java Enterprise Systemのコンポーネントレベルでパフォーマンス検証できる」と話す。

 なお、JSF(JavaServer Faces)を実装し、サーバで動作するアプリケーションのGUIを簡単に開発できる「Sun Java Studio Creator」の無償提供も同時に開始されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ