ニュース
» 2005年11月15日 22時46分 UPDATE

ブログと連携したホームページ作成、ホームページビルダー10

日本IBMは11月15日、ブログの記事編集、投稿機能などが追加されたホームページ作成ソフトの新製品「ホームページビルダー10」を発売した。

[谷古宇浩司,@IT]

 日本IBMは11月15日、ホームページ作成ソフトの新製品「ホームページビルダー10」を発売した。ブログの記事編集や投稿、管理ができるようになったほか、ODBC対応のデータベースからデータを直接抽出し、Webページに発行できる機能も搭載した。

 同ソフトが初めて登場したのは1995年。当時はAIXにのみ対応していた。日本IBM 開発製造担当 取締役専務執行役員 内永ゆか子氏は「日本を代表する国産ソフトとして今後も大きく成長していきたい」と話し、ホームページビルダー10の独自パッケージで包装されたワイン「古代甲州 2002」(大和葡萄酒)を片手に10周年の祝杯をあげた。

内永氏 日本IBM 開発製造担当 取締役専務執行役員 内永ゆか子氏

 頻繁に更新する情報はブログの技術を活用して発信するが、その拠点はあくまで自分のホームページで行いたい、というユーザーの要望を取り入れ、いくつかのブログサービスとMovable Typeをサポート、ホームページビルダーでブログの記事編集や投稿、管理ができるようになった。

 対応するブログサービスは、Amebaブログ、AutoPage、gooブログ、ココログ、So-net blog、livedoor Blog。これらのサービスで通常使われているデザインをそのまま取り込む形で編集作業を行う。ただし、ブログサーバ上に投稿した記事の削除機能はない。

 ショップを経営する個人事業者がExcelやAccessのデータを利用して大量の商品を扱うページのデザイン作業をどのように効率化するか。ホームページビルダー10では、ウィザード形式で必要なデータを抽出し、専用テンプレートを元にページを一挙に発行する形にすることで、煩雑な作業を解消した(ページ発行の操作自体は手動)。

 そのほか、手持ちの写真にFLASHアニメーション素材を貼り付けるツール「MagicalMaker」やアクセス解析機能、29種類のテーマ別レイアウトテンプレートの追加など、ユーザーの意見を吸い上げて実現した新たな機能が盛り込まれている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -