ニュース
» 2005年11月29日 19時04分 UPDATE

シトリックスがFOMA M1000用クライアント開発を正式発表、W-ZERO3用も準備中

「iforum 2005 JAPAN」を開催中のシトリックスは、NTTドコモのFOMA M1000用のクライアントモジュール開発を正式発表した。ウィルコム W-ZERO3に対応したICAクライアントの開発も進んでいるという。

[ITmedia]

 「iforum 2005 JAPAN」を開催中のシトリックス・システムズ・ジャパンは11月29日、NTTドコモのFOMA M1000を利用するモバイルソリューションとして、M1000用のクライアントモジュール開発を正式発表した。これまでICAクライアントと呼ばれていたモジュールで、正式には「Citrix Presentation Server FOMA M1000クライアント」と呼ばれる。

 2006年初めにはWebからダウンロードできるようになるという。

 シトリックスでは、M1000から企業アプリケーションにセキュアにアクセスできるモバイルソリューションとして、NTTドコモと共同でビジネス展開を推進していくとしている。

 NTTドコモで法人営業本部長を務める星澤秀郎取締役常務執行役員は、「セキュアで快適なモバイルコンピューティングライフを作り上げたい」と話す。

 Citrix Presentation Serverは、さまざまなクライアント端末から同サーバ上に集約された企業アプリケーションへのセキュアなアクセスを可能にするソリューション。データとクライアントアプリケーションをサーバに集中化し、すべての実行処理を行うため、クライアント端末にデータを残さない仕組みを容易に構築でき、情報漏えい対策のソリューションとしても評価されている。

 記者発表会では、実際にM1000からCitrix Presentation Server経由でPDF形式のドキュメントやLotus Notesにアクセスするデモが行われた。前者は27Mバイト、625ページに及ぶマニュアルだったが、Citrixのアクセスソリューションでは、クライアントにデータをダウンロードするわけではないので、動作は軽い。また、クライアント/サーバ型アプリケーションの典型ともいえるNotesもM1000から軽快に操作することができた。

 主な機能は以下のとおり。

  • スクロール表示、スケーリング表示
  • クライアントドライブの割り当て
  • SmoothRoamingのサポート
  • SSLのサポート
  • FEPおよびソフトキーボードのサポート

 なお、Windows mobile 5.0搭載のウィルコム W-ZERO3に対応したICAクライアントの開発も進んでいるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -