ニュース
» 2005年12月15日 10時23分 UPDATE

ApacheCon Report:Sun、オープンソースの「Java DB」をリリース

サンディエゴで開催中のApacheConでSunが、Apache Derbyのディストリビューション「Java DB」をリリースし、データベース分野に参入することを明らかにした。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 Sun Microsystemsは12月13日、オープンソースデータベース技術、Apache Derbyのディストリビューション「Java DB」をリリースし、データベース分野に参入することを明らかにした。

 サンディエゴで開催中の「ApacheCon」のキーノートで同社Webテクノロジー担当ディレクター、ティム・ブレイ氏は、オープンソースのJava DBをSun Java Enterprise Systemに組み込み、統合開発環境であるNetBeans 5.0のプラグインによってサポートを提供しようとしていると話した。彼は、XML仕様をとりまとめた一人としても知られている。

 Sunでチーフ・オープンソース・オフィサーを務めるサイモン・フィップス氏は、ブレイ氏のキーノートに聴衆の一人として参加し、その模様をブログに書いている。

 「彼(ブレイ氏)は、Apache Derbyディストリビューションを将来のSolaris Enterprise Systemに組み込むことや、SunのディストリビューションがJava DBと呼ばれることを明らかにした(IBMのそれはCloudscapeと呼ばれている)」

 フィップス氏はまた、「クールなデモも行われた。ブラウザベースのアプリケーションで一時的に非接続状態になっても、Java DBがWebブラウザで稼動することによって、データベースにアクセスできることを示した。これこそAjax(Asynchronous JavaScript and XML)が待ち望んでいるものだ」と付け加えた。

 そしてSunでは、Java DB用のプラグインも、まもなく登場するNetBeans 5.0に含まれるとしている。Java DBプラグインは、NetBeans βリリースのAutoUpdate Centerから入手でき、ツールメニューからアクセスできるという。

 Java DBは、Sun Java System Portal Server 7.0にデータストレージ用に組み込まれるほか、Sun Java System Application Serverのすべてのバージョンでも開発用データベースとして利用されるという。オープンソースのProject GlassFishアプリケーションサーバの取り組みでも同様に利用される。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ