ニュース
» 2006年03月01日 10時18分 UPDATE

オラクル、EJB3.0を先取りしたWebアプリケーション実行・開発環境をリリース

日本オラクルは3月1日、Java EE 5に向けてEJB3.0をサポートしたWebアプリケーションサーバ「Oracle Application Server 10g Release 3」およびJ2EE統合開発環境「Oracle JDeveloper 10g Release 3」をリリースした。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月1日、Webアプリケーションサーバ「Oracle Application Server 10g Release 3」(OAS10.1.3)およびJ2EE統合開発環境「Oracle JDeveloper 10g Release 3」(OJD10.1.3)を発表した。

 OAS10.1.3は、オラクルのミドルウェア群「Oracle Fusion Middleware」の主要コンポーネントとなるJ2EEアプリケーションサーバで、アプリケーション実行環境としてOJD10.1.3と統合されている。新機能として、現在仕様策定中のEnterprise JavaBeans 3.0(EJB3.0)を先行してサポートした。EJB3.0の永続性管理エンジンには、O/Rマッピングツール「Oracle TopLink 10g Release 3」が採用されている。

 OAS10.1.3は3月末より出荷予定。価格は、Processorライセンスで税込65万6250円から。Named User Plusライセンスでは税込1万3125円からとなる。

 また、OJD10.1.3は、リッチクライアントの構築フレームワークJavaServer Faces(JSF)対応のビジュアル開発機能やAjax対応のJSFコンポーネント、EJB3.0サポートなどの機能を備える。本バージョンでは、すべての機能を実装した「Studio Edition」、Javaコーディング開発者向けの基本機能を提供する「Java Edition」、J2EE開発者向けの「J2EE Edition」と、目的に合わせた3つのエディションが提供された。いずれもオラクルの技術者向けコミュニティーサイトより無償でダウンロードできる。Windows NT/2000/XP、Linux、Mac OS Xで動作する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ