ニュース
» 2007年06月22日 14時46分 UPDATE

NECとシステムズ、Vistaの導入支援で技術提携

NECとシステムズは、Windows VistaやOffice 2007の導入支援に向けた協業を目指し、技術提携を強化した。

[ITmedia]

 NECとシステムズは6月22日、Windows VistaやOffice 2007の導入支援に向けた協業を目指し、技術提携を強化したと発表した。

 提携により、両社はVistaやOffice 2007の導入に必要な事前のコンサルティングサービスや周辺ミドルウェアの動作検証を共同で行う。NECの企業システム内情報管理ミドルウェア「InfoFrame」と、レガシーシステムや旧Windows OSからのマイグレーションを行うシステムズの「Windows Vista/ Office2007 導入支援コンサルテーションサービス」を組み合わせて提供していく。

 VistaやOffice 2007を導入する際に必要となるデータベース管理システム(DBMS)の更新は、InfoFrameの一製品で、異種データベース間でのデータ交換機能に特化したデータバス「InfoFrame DataCoordinator」を利用する。手作業の多い移行作業を機械化することで、コスト削減が見込まれるという。

 また移行作業の支援を目的に、InfoFrame DataCoordinatorの期間限定ライセンスの提供を行う。ライセンス期間は3カ月もしくは半年。

 DataCoordinatorの導入価格は500万円から。両社は今後3年間で150本のInfoFrame DataCoordinatorを出荷、40億円の拡販を目指す。7月6日にVista導入をテーマとした共同セミナーが無償で開催される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -