ニュース
» 2008年01月23日 20時02分 UPDATE

インフォーエスとKDDI、企業向けIP電話サービスで協業

インフォーエスとKDDIは、KDDIの無線LAN対応携帯電話「E02SA」を利用した企業向けIP電話サービスで協業する。

[ITmedia]

 インフォーエスとKDDIは1月23日、KDDIの無線LAN対応携帯電話「E02SA」を利用した企業向けIP電話サービスで協業すると発表した。中堅・中小企業の導入拡大を図る。

 協業では、インフォーエスのIP-PBX「e-MOIPEX」にE02SAを対応させ、「e-MOIPEX Mobile Pack」の名称でシステムと保守サービスをセットにしたパッケージ商品化する。2月から販売・サポートを行う予定。

 同パッケージを導入することで、E02SAを社内では無線LANを利用したIP内線電話機として、社外では通常のau携帯電話機として利用できる。e-MOIPEXは2005年に発売され、現在までに約2000社に導入されているという。両社では中堅・中小企業でのモバイルシステムの導入拡大を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -