特集
» 2008年02月14日 00時00分 UPDATE

New Generation Chronicle:べにぢょ――ギークプロトコルの解読を試みるサイバーヤンキー (3/3)

[西尾泰三,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ギークと初心者をつなぐ『翻訳こんにゃく』的な存在になりたい

lc4.jpg べにぢょが質問そっちのけで何か動き出しました

―― 正直なところ、本気でギークになりたいと思っている?

もちろん! いつか名だたるギークたちに「これはすごい」といわせたいです。あと、いつかあきやんの脆弱性を突いてやる! ともひそかに思っています(笑)。ほら、弟子は師匠を倒して一人前というか。

 「ぎーくなお姉さん」を始めてから、周りの友達でPHPを使う人が増えてきているのですが、そういうのを見聞きすると単純にうれしい。「(プログラミングは)どうせ分かんないから」とかいっていた人が、実際にプログラミング言語に触れてみて、何かを形にする喜びを感じてくれると自分のことのようにうれしくなります。何かを形にするという意味では、例えば野菜を作るのだって同じだったりしますが、簡単にやり直しがきくなど、柔軟性があることを考えればもっともっとプログラミングの世界に目を向ける人がもっと増えてもおかしくないはず。

 先にも話しましたけど、プログラミングの世界が内輪で固まってしまっているとすれば、それはすごくもったいないと思うし、みんなで盛り上がった方が楽しいじゃんと思う。選ばれた人だけが……みたいな選民思想的な感じでWeb業界の敷居を無意味に上げてしまうよりは、もっと楽しさを共有できる環境を作るお手伝いができればと感じています。

―― ギークにもなりたいし、ギークを増やしたい、ということですか?

 結局のところ、ドラえもんでいう『翻訳こんにゃく』的な存在になりたいんですよ。ギークたちが語る言葉は、多くの人からするとやはりプロトコルが違うかのように思われている。そこを初心者向けにやさしくコンパイルしてあげるのがわたしの出番かなと。だから、初心者同士の勉強会とか、気軽に呼んでほしい。プログラミングは孤独な作業かもしれないけど、最近は、悩んだりつまずいたりしたときに共有できる環境がある。「プログラミングが好き」という気持ちを忘れずに、同じ思いを抱えてる仲間と一緒に頑張っていけたら素敵だなって思います。一行で言えばプログラミングの世界のpermission Levelを0したいっていうか。とにかく楽しいからみんなもやってみればいいのに><

lc5.jpg 何と、すべてのギークに向けて特製バレンタインチョコを作り上げてしまいました

―― では、第一歩として、プログラマーがモテるようになるためのキャッチフレーズの考案からお願いします。

プログラマーはモテますよわたしに! それじゃ不満なんですか!!

でも、いっぱいいるであろう不満な方のために、がんばって考えてみました

『“ハッキング”から“今晩のお供”までを手広くカバー』(2ちゃんねる風)

『あなたのココロの脆弱性、お埋めします』(笑ゥせぇるすまん風)

『僕とデスマーチ明けのコーヒーを飲まないか』(口説き文句系)

 何だか書いていて楽しくなってきてしまったので、勝手に続けさせていただくと、

 「わたしのどこが好き?」の返答に困ったら「UI」っていってみるとか(あぁ……あなた好みのUIになりたい)。

 全力でスイーツ釣りに行くなら、『パールやルビーを扱う仕事』とか……。「きゃあ!キラキラ大好き!ってなぁにこれ? え? グーグルでピザが頼める? ふざけてるの>< いいんですか? 使いますよマイナスイオン!」……すみません。分かる人にしか分からないことを口走りすぎました。今は反省しています><

―― あなたが「この人の回答が見たい」と思う人を3人挙げてください

伊藤直也さん、はまちやさん、Perlの力を主にエロの方面で生かすエロギークで天パのゆーすけべーさん。全然関係ないんですけど、わたし、ドラゴンボール、スラムダンク、ダイの大冒険とか少年漫画が大好きで、悟空の「もっと強ぇ奴に会いてぇ!」に似た気持ちがわたしの中にあるから、ギークに興味を持つのかも。お三方に取材するときはわたしも行きたいなぁ。

lc1.jpg 「Happy Valentine!」。隣にいるのはけんすうさん。そういえばamachangの取材時にもおられました。べにぢょとともにあきやんからPHPの教えを受ける2人。こうした輪がこれからもどんどん広がっていくのだろう
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -