ニュース
» 2008年02月26日 16時34分 UPDATE

x86サーバ1500台分の処理能力 IBMがメインフレーム新製品

IBMは、メインフレームの新製品「IBM System z10」の出荷を開始した。System z9と比べて最大1.7倍、x86サーバ1500台分の処理能力を持つ

[ITmedia]

 IBMは2月26日、メインフレームの新製品「IBM System z10」の出荷を開始した。

image IBM System z10

 System z10は、従来製品の「System z9」と比べてCPU構成で最大1.7倍、x86サーバ1500台分の処理能力を持ち、エネルギーコストを最大85%削減している。設置面積も85%削減できるほか、x86サーバのソフトウェアライセンス数を最大30分の1に減らせるという。

 ITリソースの管理、提供、追跡ができる自動管理機能を追加している。ユーザーの要求に基づいて最大100%のリソースを使用できる機能、データセンターにアクセスするユーザーを認証する機能、仮想化セキュリティ機能なども備える。IBMのメインフレームOS「z/OS」を搭載している。

関連キーワード

IBM | メインフレーム | サーバ | x86


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ