ニュース
» 2008年02月28日 17時16分 UPDATE

MS、「Windows Server 2008」「Visual Studio 2008」発売

Windows Server 2008は仮想化技術「Hyper-V」のβ版を搭載、Visual Studio 2008はVistaアプリケーションの開発に対応する。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月27日、サーバOS「Windows Server 2008」、開発ソフト「Visual Studio 2008」を発売した。

 Windows Server 2008は、複数のOSを1台のサーバ上で動かすことができる仮想化技術「Hyper-V」のβ版を搭載し、数百社のISV(独立系ソフトベンダー)からの支持を得ている。8つのエディションが提供され、うち3エディションにHyper-Vが組み込まれる。

ah_Ballmer.jpg ローンチイベントのスティーブ・バルマーCEO

 Visual Studio 2008は、性能向上を図ったほか、Windows Vistaなど新しいプラットフォーム用アプリケーションの開発に対応しているという。

 またMicrosoftはこの日、データベースソフト「SQL Server 2008」の2月のCommunity Technology Previewもリリースした。正式版は第2四半期にリリースの予定。

関連キーワード

Microsoft | Windows Server 2008 | Visual Studio | SQL | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -