ニュース
» 2008年03月03日 16時32分 UPDATE

MS、企業向けWebサービスを拡大。Exchangeもオンラインに

Microsoftはこれまで「5000ユーザー以上の企業」を対象としていたオンラインサービスをあらゆる企業に拡大し、ExchangeとSharePointを加える。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月2日、企業向けオンラインサービススイート「Microsoft Online Services」をあらゆる規模の企業に提供することを明らかにした。新サービスとしてExchangeとSharePointも加える。

 同サービスはMicrosoftの「ソフトウェア+サービス」戦略の一環で、顧客は企業向けソフトをサブスクリプションサービスとして利用できる。Microsoftは昨年9月に、このサービスを5000人を超える企業向けに提供すると発表した。今回、対象を中小規模の企業にも拡大する。

 また同社は、このスイートの新サービス「Exchange Online」「SharePoint Online」の限定βテストも開始した。これらサービスでは、顧客は電子メール、予定表、アドレス帳、共有ワークスペース、Web会議、Web経由のビデオ会議などの機能を利用できる。βテストには米国企業のみ登録可能で、今年後半に一般公開される。

 今回の対象拡大に合わせ、MicrosoftはMicrosoft Online Servicesに新しいライセンスモデルを導入した。Software Assuranceに加入していない顧客の場合、ユーザーごとにサブスクリプションを購入できる。Software Assuranceに加入し、Client Access Licenseを持っている顧客は割引価格で購入可能。サービスは、ニーズに応じて、顧客の社内サーバでホスティングすることも、社内ホスティングとWebベースのサービスを組み合わせることもできる。

 Autodesk、Blockbuster、Coca-Cola EnterprisesなどがMicrosoft Online Servicesの採用を決定している。

 Microsoftはこの日、無料の企業向け検索製品「Microsoft Search Server 2008 Express」を提供開始したことも発表した。同社サイトからダウンロードできる。

 また同社は、SilverlightとSharePointの技術を組み合わせてリッチインターネットアプリケーションを開発するための「Silverlight Blueprint for SharePoint」も提供する。サンプルアプリケーションやガイダンス、ビジネスデータの視覚化や双方向機能を備える。

関連キーワード

Microsoft | Exchange | Silverlight | Webサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ