ニュース
» 2008年03月24日 19時56分 UPDATE

ユニアデックス、PCの調達から廃却までを代行するサービスを開始

ユニアデックスは、PCの調達、導入、運用、廃却などを代行する「ユニアデックス クライアントPC版LCMサービス」を4月1日から提供する。

[ITmedia]

 ユニアデックスは3月24日、PCの調達、導入、運用、廃却などを代行する「ユニアデックス クライアントPC版LCMサービス」を4月1日から提供すると発表した。

 同サービスは、PCの運用管理全般を代行するサービス。PCに生じたインシデント管理や問題管理、ソフトウェアの変更管理などの情報を、ユーザー専用のポータルサイトで確認できるシステムを構築したり、専任のサービス担当者をユーザー企業の情報システム担当者の窓口に置いてヘルプデスクの管理や保守体制などを統制したりできる。障害受付、修復対応、構成管理、パッチ適用にも対応する。

 価格はPC1000台を運用する場合、1台当たり月額1600円から。

 今後はサーバやネットワークを対象にした運用管理のサービスを順次提供していく。

関連キーワード

運用管理 | パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -