ニュース
» 2008年04月23日 19時39分 UPDATE

BMCソフトウェア、教育プログラムを通じITILリーダーを育成

BMCソフトウェアはITILに通じた人材を養成するための教育プログラムを発表。情報システムが企業経営にどのように寄与できるかを可視化できる「ITILリーダー」の育成を目指すという。

[ITmedia]

 BMCソフトウェア(以下、BMC)は4月23日、ITILに通じた人材を養成するための企業向け教育プログラム「BSM Activation」を発表し、同時に販売を開始した。

bmc_matsu.jpg 「マネジメントスキルは経験の上に体得するものではなく、知識をベースに習得できるもの。習得した知識の上に経験を重ねることで、マネジメントスキルが向上していく」と話すBMC 技術本部 BSMシニアアーキテクト 松本浩彰氏

 このプログラムは、ITサービスマネジメントやITガバナンス分野に向けた教育プログラムの提供に実績のある、ITプレナーズ・ジャパンの協力を受け、BMCが体系化したもの。ITコーディネーター資格を有する講師を、BMCのパートナー企業から派遣し実施されるという。

 この4月から日本版SOX法(金融商品取引法)の施行年度となり、またITIL Ver.3日本語版の刊行が開始されるなど、いわゆる「内部統制」という話題に対しては、引き続き関心が高い状況だ。

 しかしBMC 技術本部 BSMシニアアーキテクト 松本浩彰氏は、「ITILの導入という需要を外部環境として捉えると、その市場規模には大きな手応えを感じているが、国内のITIL Foundation有資格者は約4万名。対してその上級資格であるITIL Manager有資格者は昨年末において167名に過ぎない。この比率は海外と比べて目立って低い数字だ」と話す。

 BSM Activationは、必ずしもITIL Manager有資格者を増やすことを目的としたものではない。しかし松本氏によると、経営的な理解が得られないままITILなどのツールを導入し、それが目的化してしまうことで、導入終了後には推進力が低下し改善が進まないといった問題意識を持つ企業担当者に対し、IT部門の戦略を構築する手法や、その際のツールとなるITIL(およびISO20000など)の利用価値を習得させられるプログラムになっているという。

 BSM Activationの価格は1企業で10名受講するモデルケースの場合、235万円。価格やトレーニング内容の詳細はこちら。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -