ニュース
» 2008年05月22日 06時25分 UPDATE

コンテンツ配信の2強がタッグ:CitrixとAkamai、Webアプリケーション配信事業で提携

CitrixとAkamaiはコンテンツ最適化技術とネットワーク基盤を活用してWebアプリケーションの高速化を図る。

[國谷武史,ITmedia]

 米Citrix SystemsとAkamaiは5月21日、Webアプリケーション配信事業で提携すると発表した。企業が利用するWebコンテンツの高速化を図り、データセンターの効率的な運用や社員の生産性向上などを実現できるようになる。

 提携では、CitrixのNetScalerによるコンテンツ最適化技術とAkamaiのアプリケーション高速配信ネットワークを連携させることで、データセンターとエンドポイント間における通信を高速化する。

 両社はマーケティングやサポート、サービスでも連携し、両社の販売網を通じたソリューション販売やシステムインテグレーター支援を行う。ユーザー企業にはトラフィックなどに関するリポートやオンラインコミュニティーを通じたノウハウ情報、サポートを提供する。

akmictrx02.jpg Akamaiのサービス網を使った場合とそうではない場合のパフォーマンスの違い
akmictrx01.jpg パンディア氏

 提携に際して行った配信実験では、Oracle eBusiness Suiteを利用した場合で6割程度の高速化が確認され、特に中東・欧州エリアやアジア・太平洋エリアでは2倍近くになったという。

 提携発表で来日したAkamaiプロダクトラインディレクターのパリマル・パンディア氏は、「われわれのサービスを利用することで、企業はデータセンター運営の効率化、社員の生産性向上などのメリットを得られ、Webアプリケーションの投資効果をさらに引き上げられるだろう」と述べた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -