ニュース
» 2008年06月19日 16時21分 UPDATE

フィッシング詐欺対策:ゆうちょ銀行、ネットバンキングのセキュリティを強化

ゆうちょ銀行は、ネットバンキングのフィッシングサイト対策を開始した。

[ITmedia]

 ゆうちょ銀行は、インターネットバンキングのフィッシング詐欺対策として、RSAセキュリティのフィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction」を採用し、6月12日から利用を開始した。RSAセキュリティが6月18日に発表した。

 ゆうちょ銀行は、個人向けのネットバンキング「ゆうちょダイレクト」を提供している。ネットバンキングのセキュリティ強化の取り組みの中で、フィッシングサイト対策として、RSA FraudActionの採用を決めた。RSA FraudActionは世界中のフィッシングサイトを監視し、フィッシングサイト出現の連絡を受けるとそのサイトの閉鎖を試みるサービス。世界185カ国で8万サイト以上の閉鎖実績があるという。

 ゆうちょダイレクトは5月にはEV SSL証明書を導入するなど、セキュリティの強化に取り組んでいる。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -