ニュース
» 2008年06月27日 18時32分 UPDATE

N700系で:NTT-BPとJR東海、新幹線で無線LANサービスを提供へ

NTT-BPは東海道新幹線での無線LANサービス開始に向けてJR東海と提携した。

[ITmedia]

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)と東海旅客鉄道(JR東海)は6月27日、東海道新幹線の車内インターネット接続サービスで提携すると発表した。

 提携では、東海道新幹線のN700系の車内で利用できる無線LANサービスの実現に向け、技術およびサービス内容について両社で検討を進める。サービス開始の目標時期は2009年3月で、東京〜新大阪間で提供する予定。

sinkansenwlan.jpg システムイメージ(JR東海資料から)

 車内に設置する無線LANアクセスポイントから、JR東海が新幹線沿い敷設する漏えい同軸ケーブルなどを経由してNTT-BPのネットワークに接続する。エンドユーザー向けサービスは、インターネットサービスプロバイダーが運営する。通信速度は地上設備から列車設備方向が最大2Mbps程度、列車側から地上設備方向が同1Mbps程度になる。

 JR東海は併せて、東京駅や名古屋駅など現在6駅で提供中の無線LANサービスを東海道新幹線の全駅に拡大する。具体的なサービス開始時期は駅ごとに異なるという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -