ニュース
» 2008年07月01日 17時19分 UPDATE

フィリピンに次いで2カ所目:トレンドマイクロ、米国にセキュリティ研究所を開設

グローバル規模で新出のウイルスなどに対処する研究施設の「TrendLabs USA」をカリフォルニア州レイクフォレストに開設した。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは7月1日、サイバー攻撃に24時間体制で対処するための研究施設「TrendLabs USA」を米カリフォルニア州レイクフォレストに開設したと発表した。フィリピンについで2カ所目となる。

 TrendLabs USAは、フィリピンのTrendLabsと連携し、アジア地域で夜間となる時間帯にウイルス検出や駆除パターンファイルおよびスパイウェア対策パターンファイルの作成と配信を実施する。今後1年以内をめどに、悪質なWebサイトへやサーバのデータベース情報を基に不正接続を遮断する「Webレピュテーション」技術を含めたすべてのサービスを提供する。

 従来、フィリピンのTrendLabsの支援は台湾で行っていたが、アジア地域で自然災害などが発生した場合にTrendLabs USAが単独でサービスを継続できるようにするという。

 同社ではグローバルサービスを提供するTrendLabsのほか、地域単位でセキュリティサービスを提供する「リージョナルトレンドラボ」と東京など世界9カ所に開設している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -