ニュース
» 2008年07月18日 20時08分 UPDATE

SPSSとOEM契約で:日本BO、データマイニングを組み込んだ予測分析ツールを発表

SAP傘下の日本ビジネスオブジェクツは、BIの新製品を追加したと発表した。

[ITmedia]

 SAP傘下の日本ビジネスオブジェクツは7月16日、BI(ビジネスインテリジェンス)に新製品を追加すると発表した。

 新製品は「BusinessObjects Predictive Workbench」。統合型BIプラットフォーム「BusinessObjects XI 3.0」に新たに追加した。データマイニングと予測分析機能により、企業の過去のビジネスデータや、さまざまな履歴からパターンを分析し、ビジネストレンドを予測する。導入企業は事業計画の最適化を実現できるという。

 Predictive Workbenchは、2007年12月に締結した予測分析ソフトウェア大手の米SPSSとのOEM契約に基づき、データマイニング機能などを組み込んでいる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

BI | CPM | Business Objects | データマイニング | SAP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ