ニュース
» 2008年07月24日 15時25分 UPDATE

skeletownユーザー向け:iPhoneに位置情報を自動表示 アッカが情報配信サービス

横浜市で開催している無線LANの試験サービス「skeletown」のユーザーが、iPhoneで位置情報を自動で取得できるサービスをアッカが開発した。

[ITmedia]

 アッカ・ネットワークスは7月23日、iPhone向けの情報配信サービス「ロケーション・アンプ for 横浜」を開発したと発表した。同社が10月31日まで横浜市のベイエリアで開催している無線LANの試験サービス「skeletown」のユーザー向けに提供する。

image ロケーション・アンプ for 横浜のイメージ

 同サービスは、iPod touchやiPhoneを持って移動すると、現在位置に連動したニュースやイベント情報など自動的に端末に表示するもの。写真のアイコンで配信される位置情報をタップしたり、本体を横に回転させたりすることで、位置情報の詳細を確認できる。

 同サービスはクウジットと共同で開発。コンテンツはインターネット広告代理店のオプト、地域情報を保有するヨコハマ経済新聞と連携して配信する。

 今後は、ユーザーの位置情報の履歴表示や未訪問エリア、お勧めエリアの表示といった機能を順次追加していくという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ