ニュース
» 2008年08月25日 14時24分 UPDATE

インテック、ID管理サービス製品にRSA SecurIDを採用

インテックは、ID管理ソリューションとRSAセキュリティのワンタイムパスワード製品を組み合わせたサービスを提供する。

[ITmedia]

 インテックは8月25日、ID情報を一元管理する製品にRSAセキュリティのワンタイム・パスワード製品「RSA SecurID」を組み合わせたサービスを9月1日から提供すると発表した。

 同社は、異なるシステムのIDを一元管理するツール「結人(ゆいと)」と、IDの変更情報を各種システムと同期するためのツール「束人(そくと)」を自社開発した。両ツールととRSA SecurIDの認証サーバ「RSA Authentication Manager」を組み合わせることで、ユーザー認証にワンタイムパスワードを利用できるようになる。束人のユーザーメンテナンス画面から、RSA SecurIDの利用ユーザーの登録と監査履歴リポートも出力できるようになるという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -