ニュース
» 2018年12月25日 11時00分 公開

「RIZIN.14」をVRならではの臨場感と迫力で! 360度パノラマ動画アプリで観戦――フジテレビとソフトバンクが2019年1月11日から配信

フジテレビとソフトバンクは、2018年12月31日に行われる総合格闘技大会「RIZIN.14」のVR映像を2019年1月11日から配信する。試合会場内4カ所から撮影した迫力あるVR映像を、360度パノラマ動画に対応するパノラマVRアプリで楽しめる。観戦チケットとVRゴーグルのセットも販売する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 フジテレビジョンとソフトバンクは2018年12月21日、ドリームファクトリーワールドワイドが2018年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催する格闘技大会「RIZIN.14」の試合映像を、VR(仮想現実)映像で配信することを決定。ソフトバンクが2019年1月11日から配信する予定で、スマートフォン用VRアプリ「パノミル」で視聴できる。

 VR映像は、RIZIN.14のニュートラルコーナーやリングサイド、観客席など計4カ所にVRカメラを設置して撮影、制作。「フロイド・メイウェザー vs. 那須川天心戦」を含む全14試合を、VRならではの臨場感と迫力で楽しめるという。

 特典映像として、同日に開催される「RIZIN 平成最後のやれんのか!」の「川村虹花 vs. あい戦」も配信する予定だ。

Photo パノミル観戦イメージ画像

 なお、RIZIN.14のVR映像の視聴には、観戦用QRチケットが必要となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ