連載
» 2008年09月10日 01時00分 UPDATE

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:driverquery――PCにインストールされたドライバおよびその詳細をリスト

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はdriverqueryだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

driverquery――PCにインストールされたドライバおよびその詳細をリスト

UNIX/Linuxでは「(lsmod)」

 ハードウェアを接続する場合、その都度新しいデバイスドライバをインストールするが、driverqueryはそのインストールされたデバイスドライバのリストを作成するコマンドである。driverqueryでは、リストの出力形式を表、リスト、カンマ区切り(CSV)から選択でき、デバイスドライバのバージョン、動作モード、署名の有無などの詳細も確認できる。また、ネットワークを介して別のWindows PCにインストールされているデバイスドライバ情報の取得も可能だ。

オプション 使用例 詳細
/v driverquery /v インストール済みのデバイスドライバの詳細リストを表示する。「/si」オプションとの併用はできない
/si driverquery /si デバイスドライバのリストとその署名情報を表示する。「/v」オプションとの併用はできない
/fo 出力形式 driverquery /fo csv > driverlist.txt デバイスドライバのリストの出力形式を指定する。使用例では、カンマ区切り形式(CSV)でdriverlist.txtに出力する。出力形式には、「csv」のほか、「list」や「table」が指定可能
/s PC名 /u ユーザー名 /p パスワード driverquery /s winpc01 /u winpc01\administrator /p winpcpassword リモートPCのデバイスドライバを取得する際のアカウント情報を指定する。使用例では、PC名「winpc01」に管理者アカウント(administrator)でアクセスしている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -