連載
» 2008年09月11日 14時30分 UPDATE

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:systeminfo――システムのさまざまな情報を取得

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はsysteminfoだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

systeminfo――システムのさまざまな情報を取得する

UNIX/Linuxでは「(/proc、dmesg)」

 systeminfoは、ハードウェアベンダー、BIOSのバージョン、PCの型番、サービスパックの適用状況、CPUに関する詳細情報、システムの稼働時間など、GUIベースのシステムプロパティでは得られない情報も取得できる。driverquerygetmac同様、ほかのPCの情報を取得したり、出力形式を選択したりすることもできる。

オプション 使用例 詳細
/fo 出力形式 systeminfo /fo csv システム情報の出力形式を指定する。使用例では、CSV形式で出力する。
出力形式には、「csv」「table」「list」を指定できる
/s PC名 /u ユーザー名 /p パスワード systeminfo /s winpc01 /u winpc01\administrator /p winpcpassword リモートPCにアクセスする場合のアカウント情報を指定する。
使用例では、PC名「winpc01」に管理者アカウント(administrator)でアクセスし、システム情報を表示する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -