ニュース
» 2008年09月19日 17時59分 UPDATE

アイレップ、入力フォーム最適化サービス サイト離脱を防止

入力項目の多さや入力の分かりにくさからユーザーの半数が離脱するといわれる「入力フォーム」を最適化するサービスをアイレップが開始した。

[ITmedia]

 アイレップは9月19日、Webサイトの入力フォームの使い勝手を改善し、商品購入や資料請求の増加につなげるコンサルティングサービスの提供を開始した。価格は20万円から。

 サービスの名称は「EFO(Entry Form Optimization)サービス」。商品購入などに使う各種Webサイトの入力フォームについて、項目の選定やインタフェース、注意書き、記入例の記載方法、画面遷移などを最適化するコンサルティングを提供するもの。競合企業の入力フォームから使い勝手やセキュリティなどの項目を分析したり、離脱率などから入力フォームの問題点を洗い出したりする。

 ユーザーの半数以上は、入力項目の分かりにくさや多さなどから、入力画面でWebサイトを離脱してしまうという。そのため、企業はSEO(検索エンジン最適化)や広告の出稿を強化してもユーザーの囲い込みができず、十分な投資効果が得られない場合が少なくない。

 同社はEFOサービスを、従来のリスティング広告、SEO、LPO(ランディングページ最適化)などのサービスと併せて提供。Webサイトへの誘導からコンバージョン率の向上までを総合的に支援する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ