ニュース
» 2008年10月10日 17時54分 UPDATE

北日本銀行、フィッシング詐欺対策を導入

北日本銀行は、インターネットバンキングサービスなどの利用者を保護するため、フィッシング詐欺対策の運用を始めた。

[ITmedia]

 盛岡市に本店を置く北日本銀行は10月10日、インターネットバンキング利用者をフィッシング詐欺犯罪から保護するためのサービスを開始した。同行の正規サイトであることを証明する技術を活用している。

 開始したサービスでは、利用者のWebブラウザへ事前にツールをインストールすることにより、同行の「きたぎんネットダイレクト」や法人インターネットサービス「Biznet」にアクセスすると、ブラウザ上に安全を示す緑色のシグナルが表示される。セキュアブレインが開発した「PhishWall」を採用した。

kitanihonbank.jpg ログイン画面の左上にシグナルが表示される(同行サイトから)

 PhishWallは、IPアドレスやURL、独自の認証を組み合わせることで正規サイトであることを証明する。同行では、WebサーバにPhishWallの仕組みを導入し、利用者のWebブラウザと連携することで、ユーザーに正規サイトであることを通知するようにした。

 フィッシング詐欺は、正規サイトをかたってユーザーを偽サイトなどへ誘導し、個人情報などを入力させることで機密データを盗む犯罪手法。海外を中心に広まっており、国内でも度々発生している。

 同行では、顧客への案内のしやすさやインストールのしやすさなどの点でPhishWallを採用し、「今後も顧客に安心してインターネットバンキングサービスを利用してもらうために、セキュリティの強化に取り組む」としている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

詐欺 | フィッシング | 銀行 | 犯罪 | 認証


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -