ニュース
» 2008年11月19日 15時51分 UPDATE

プライベートクラウドサービスを本格化:日立ソフト、3カ月間で仮想システムを構築する新サービス

日立ソフトは、同社のデータセンター内に顧客企業の仮想システム環境を構築するサービスを開始した。発注から約3カ月で運用を始められるという。

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは11月19日、同社のデータセンター内に企業のシステム環境を仮想的に短期間で構築するサービス「SecureOnline 1ラックソリューション」を開始した。機器やソフトウェアを1つのラックに収納して提供する。

 同サービスでは、ブレードサーバやSANストレージ、ネットワーク機器、管理コンソールを1つのラックに集約して同社のデータセンターに設置し、仮想化ソフトウェアの設定を含めて提供する。利用企業はデータセンターと自社をVPNで接続し、データセンターのシステムを仮想的に自社ネットワークに設置したシステムとして利用できる。

 通常、仮想マシン(VM)を100台以上の規模で運用するにはブレードサーバやSANストレージ、ネットワーク機器の構成に加えて、仮想化ソフトウェアのインストールや設定の最適化、さらには、修正パッチの適用やバージョンアップ作業が必要になる。同サービスではこれらの作業をすべて日立ソフトが行うため、発注から3カ月程度で運用を始められるという。

secureonline.jpg SecureOnlineの仕組み

 また、データセンター内では複数の企業の仮想システムが稼働しているが、仮想LANによってそれぞれを独立したシステムとして運用するという、いわゆる「プライベートクラウド(外部企業のサービスリソースを専用に利用する)」環境であるため、セキュリティを確保できるとしている。

 参考価格は、構築および設定作業費用が7000万円(税抜き)、サポート費用が年間で構築および設定作業費用の18%(同)。同社では初年度10社の利用を見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -