ニュース
» 2008年12月10日 07時53分 UPDATE

Firefox 3.1 β2公開――プライベートブラウジング機能搭載

「Firefox 3.1 Beta 2」では、自分の履歴を消去できるプライベートブラウジング機能が搭載された。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは12月8日、次世代WebブラウザFirefoxの最新パブリックプレビュー版、「Firefox 3.1 Beta 2」をリリースした。Windows、Mac OS X、Linuxに対応する。日本語を含む54カ国語版がサイトからダウンロードできるが、Mozillaは、このリリースは開発者とテストコミュニティー向けであるため、リリースノートを読んでからインストールすることを推奨している。

 ユーザーが自分の履歴を簡単に消去できる「プライベートブラウジング」機能を新たに搭載。ツールメニューから「プライベートブラウジング」を選択し、開いているウィンドウとタブを閉じて「プライベートブラウジングを開始する」を選択するとプライベートセッションが始まり、以降はWebサイトの閲覧履歴が保存されない。また過去の履歴も消去できる。

 また、さまざまなWeb技術との互換性、レンダリング速度、使いやすさが向上したGecko 1.9.1レンダリングプラットフォームをベースとしており、TraceMonkey JavaScriptエンジンがデフォルトになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -