ニュース
» 2009年02月10日 10時31分 UPDATE

Microsoftのブラウザ市場独占、是正すべき――Mozilla会長

Mozilla会長は、欧州委員会がMicrosoftのIEバンドルに是正措置を科すことを期待している。

[ITmedia]

 米Microsoftがブラウザ市場の競争を阻害したという欧州連合(EU)の判断は間違いなく正しい――。Mozilla Foundationのミッチェル・ベイカー会長が、欧州のMicrosoft独禁法問題に関してEU支持のコメントを発表した。

 同氏は自身のブログで、Microsoftが競争やWebの革新にもたらしたダメージは明白であり、今も続いていると指摘。Microsoftは反競争的なやり方でInternet Explorer(IE)のシェアを90%以上に押し上げ、独占状態を達成するとブラウザの革新を止めてしまったと批判している。

 現在、MozillaのFirefoxブラウザはシェアを伸ばし、IEの独占を切り崩しつつある。だが同氏は、Microsoftの反競争行為によるダメージは続いており、多数の人がほかに選択肢があることも知らずに古いバージョンのIEを使っていると主張している。またEUなど各国政府は非営利団体であるMozillaに市場に介入して是正することを期待しないでほしいと訴え、欧州委員会がMicrosoftに効果的な是正措置を科すことを求めている。

 同氏は個人として、またMozilla代表として欧州委員会の活動に注目するとし、同委員会が是正措置を検討する際に、Mozillaの専門知識をリソースとして提供したいと述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -