ニュース
» 2009年02月20日 17時06分 UPDATE

金銭を要求:セキュリティ企業をかたるフィッシング詐欺に注意

G DATAの無料ウイルス対策ソフトが入手できるとユーザーをだまし、金銭を要求するという。

[ITmedia]

 ドイツのセキュリティ企業G DATA Softwareは2月20日、同社の製品をかたって個人情報を入手し、金銭を要求するフィッシング詐欺行為が見つかったと伝えた。

gtadaphis01.jpg ウイルス感染の警告でユーザーをだます

 「Kino」という動画共有サイトをユーザーが閲覧すると、ウイルスに感染したという警告が表示され、同社の無料ウイルス対策ソフトウェアを入手できるとかたった別のサイトへリダイレクトされる。

 リダイレクト先では名前や住所、生年月日、性別などの入力を促すが、実際にはウイルス対策ソフトウェアは提供されず、2年契約の利用代金(316ユーロ)を要求する請求書が送付されるという。

gtadaphis02.jpg 実在するセキュリティ企業をかたったフィッシングサイト

 ユーザー登録の地域で指定できるのはドイツ、オーストリア、スイスのみで、同社は国内での被害がほとんどないとみているが、念のために警戒してほしいと注意を呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -