ニュース
» 2009年03月03日 16時52分 公開

事例公開を目的に:インテル、業務にWiMAXカード200台を利用へ

インテルはノートPCとWiMAXを利用した業務環境を検証すべく、200台のデータ通信カードを導入した。

[ITmedia]

 インテルは3月3日、業務用途に200台のモバイルWiMAX対応データ通信カードを導入すると発表した。ノートPCとモバイルデータ通信の利用による業務効率への影響を検証する。

 第一段階として、営業部門の社員を対象にデータ通信カードとWiMAXをサポートした Centrino 2プロセッサ搭載のノートPCを利用して日常業務を行う。社内にも実験用の基地局を設置した。

 従来は、社外業務での無線データ通信に携帯電話回線や無線LANを利用していた。2月26日からKDDIやインテルなどが出資するUQコミュニケーションズが試験サービスを開始したことを受けて、WiMAXによるデータ通信のメリットを実証する。

 同社ではモバイルWiMAXの法人利用例として結果などを紹介する予定。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -