ニュース
» 2009年03月09日 12時20分 UPDATE

総務省ガイドラインに準拠:クラスキャット、中小企業/ISP向けのスパム対策アプライアンスを発売

クラスキャットは、センドメールのスパム対策ソフトウェアを搭載した中小企業やISP向けのセキュリティアプライアンスを発売した。

[ITmedia]

 クラスキャットは3月9日、中小企業および中小規模インターネットサービスプロバイダ(ISP)向けのセキュリティアプライアンスを発売した。総務省のスパム対策ガイドラインに準拠した運用に対応する。

 同製品は、送信ドメイン認証や25番ポートブロック機能を搭載するセンドメールのスパム対策ソフトウェアを搭載したもの。メールゲートウェイシステム「Mailstream Switch MTA」、セキュリティ管理システム「Mailstream Manager/Sendmail Anti-Spam」、送信ドメイン認証および25番ポートブロックの設定ファイル、テンプレートで構成される。

 ハードウェアは、IBMのSystem xまたはBladeCenterを利用できる。中小企業向けには250/500/1000ユーザー環境対応の3モデルをラインアップ。ISP向けでは1万ユーザー以上の環境に対応し、メールトラフィックの制御アプライアンスをセットで提供。オプションとしてユーザー単位でのスパム隔離/管理機能も用意する。

 価格は応相談で、日本IBMの販売代理店経由で提供する。同社では初年度1000システムの販売を見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -