ニュース
» 2009年04月10日 07時51分 UPDATE

IEやExcelに存在:4月のMS月例パッチは「緊急」5件を含む計8件

Microsoftは「緊急」レベルの5件を含む、8件のセキュリティ更新プログラムを日本時間の15日に公開する予定だ。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月14日(日本時間15日)、8件の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、Internet Explorer(IE)やExcelの脆弱性に対処する。内訳は「緊急」が5件、「重要」2件、「警告」が1件となる。9日の事前告知で明らかにした。

 「緊急」レベルの更新プログラム5件ではWindowsとInternet Explorer(IE)、Excelの脆弱性に対処する。IEの脆弱性はIE 6とIE 7が深刻な影響を受ける。Excelの脆弱性は、Office Excel 2000 SP3で特に深刻度が高い。いずれも悪用されるとリモートでコードを実行される恐れがある。

 「重要」レベルの更新プログラムはWindowsとInternet Security and Acceleration(ISA)Serverが対象となる。「警告」レベルの1件ではWindowsの権限昇格の脆弱性に対処する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -