ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Excel」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Excel」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“脱Excel”か“活Excel”か
数を数える「COUNT系関数」の落とし穴、基礎的ながら混乱しがちなポイントは?
「Microsoft Excel」で定番の関数「COUNT」は、「データの数を数える」という分かりやすい役割を持ちつつも、「実はあの数は数えてくれない」といった落とし穴があります。注意すべきポイントを確認しましょう。(2024/2/26)

やさしいデータ分析:
[データ分析]重回帰分析による予測(線形回帰、多項式回帰) 〜 年式、走行距離、排気量から中古車の価格を予測
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第15回。複数の説明変数を基に目的変数の値を予測する重回帰分析について、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。カテゴリーなどの数値ではないデータを説明変数として利用する方法や、二次関数などの多項式を基に回帰分析する方法も紹介します。(2024/2/22)

Tech TIPS:
【Excel】相手に見せたくない数式を非表示にする
Excelで作成した見積表などで数式(計算式)を非表示にしたいことはないだろうか。「シートの保護」機能を利用すれば、特定のセルの数式を非表示にすることが可能だ。ただ、セルの編集ができなくなってしまうため、テンプレートにする場合はもうひと手間必要になる。その方法を紹介しよう。(2024/2/16)

セキュリティニュースアラート:
Excel経由でのマルウェア感染に要注意 Fortinetが新たな手口を公開
FortinetはExcelファイルを通じて情報窃取型マルウェアを配布する新たな手口を発表した。この攻撃はExcelファイル内のVBAマクロから始まり、最終的にWebブラウザのデータまでを窃取する。(2024/2/8)

やさしいデータ分析:
[データ分析]単回帰分析による予測(線形回帰、指数回帰) 〜 排気量から中古車の価格を予測しよう
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第14回。既知のデータから未知の値を「予測」する回帰分析の式の可視化や、求め方、実際の予測を、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。直線の式だけでなく指数関数の式での予測や時系列分析についても触れます。(2024/2/1)

基本を解説:
知ってる? Excel、背景に透かしを入れる方法
「透かし」とは文書の背景に薄く表示する文字のことで、文書を手に取る人に確実にメッセージを伝えることができます。Excelに入れるには……。(2024/1/31)

基本を解説:
知ってる? Excel、“効果的”な文章にする方法
動物や絵文字、家具などの立体的なモデルを文書内に挿入できる機能が「3Dモデル」です。効果的に挿入することで……。(2024/1/29)

基本を解説:
知ってる? Excel、SmartArtを挿入する方法
「SmartArt」(スマートアート)とは、情報を視覚的に整理して分かりやすく表現するツールです。Excelに挿入するには……。(2024/1/26)

基本を解説:
知ってる? Excel、読めない漢字を入力したいとき
Excelを使っていて、読み方が分からない漢字を入力したいとき、どうすればよいのでしょうか。(2024/1/24)

基本を解説:
知ってる? Excel、1つの表から2つのグラフを組み合わせる方法
エクセルでは、1つの表から1つのグラフを作成するだけではなく、1つの表から2つのグラフを組み合わせて作ることもできます。(2024/1/22)

基本を解説:
知ってる? Excel、覚えておくと便利な関数
エクセルにはSUM関数やAVARAGE関数以外にも多数の関数が用意されています。覚えておくとビジネスで役に立つ関数を5個紹介します。(2024/1/18)

やさしいデータ分析:
[データ分析]相関係数 〜 気温と電気代に関係はあるのか?
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第13回。変数同士の関係の強さを表す相関係数の計算内容を仕組みから理解します。Excelを使って手を動かしながら、相関係数の意味や求め方、落とし穴などについて学んでいきましょう。(2024/1/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「Excel業務の課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/1/9)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
ExcelではMAXやMINより「LARGE」が使える? 現金離れって止まらないの?
「情報系システム」「CX」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/31)

メカ設計 年間ランキング2023:
Excelを使った周波数分析を筆頭に骨太解説が多数! カシオやAppleの話題も人気
2023年に公開したMONOist メカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2023年1月1日〜12月21日)をご紹介します。(2023/12/25)

セキュリティニュースアラート:
Python in Excelの悪用は不可避 Trellixが2024年の脅威予測を公開
トレリックスは2024年の脅威予測を発表した。生成AIやLLMを悪用したサイバー攻撃や新たなランサムウェア攻撃の手法が紹介されている。(2023/12/22)

Meta QuestシリーズでWord/Excel/PowerPointが利用可能に 公式アプリが無料で公開
Meta Questの公式ストアで、MicrosoftのOffceアプリが公開された。 Word/Excel/PowerPointの3タイトルを無料で利用できる。(2023/12/17)

Microsoftの「Word」「Excel」「PowerPoint」がMeta Questで利用可能に(無料)
MetaのHMD「Meta Quest」シリーズでMicrosoftの「Word」「Excel」「PowerPoint」が利用できるようになった。Metaのアプリストアから無料でダウンロードできる。(2023/12/16)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
結局Excel頼み? ユーザー調査で分かったBIツールの使い方が「ヘタな企業」の特徴
ビジネスに生かせるデータが十分にあり、セルフサービスBIの登場によってユーザー部門でも容易にデータ分析ができるようになった。だが、思うようにデータ活用が進まないのはなぜか。(2023/12/11)

蔵出しブックレット
「犯罪者のExcel離れ」なぜ起きた? 新たに狙われ始めた“あのファイル”
マルウェア感染の定番手段として悪用されてきた「Microsoft Excel」ファイルが、犯罪者からの“人気”を失い始めています。それはなぜなのでしょうか。犯罪者が新たに悪用し始めた“あのファイル”とは。(2023/12/7)

「Notion」まる分かり解説書 パワポ、Excel地獄から脱するには?
ここ数年で急激に人気を集めている「Notion」。「万能メモアプリ」と称されることもあるが、具体的には何ができるのか。使い方やメリット、導入のポイント、事例、AI機能について徹底解説する。(2023/12/4)

Tech TIPS:
【Excelの基本】思いのままにオートフィル(自動入力)相対参照/絶対参照/複合参照
Excelで他のセルの値を参照して計算する際、単に参照先のセルを選択しただけでは、オートフィルで数式をコピーした際に値がおかしくなってしまうことがある。例えば、消費税などを特定のセルに入力しておいて、常にそこを参照先とするような場合に発生しがちだ。このような場合、数式をコピーしても、参照先のセルが移動しないようにする必要がある。このようなセルの参照方法について整理してみた。(2023/12/1)

Excelの自動データ変換で「日付に変換」の無効化が可能に 遺伝学者の声届く
MicrosoftはExcelの自動データ変換の設定で、先頭のゼロを削除したり文字と数字を日付に変更したりするオプションを無効にできるようにした。遺伝子業界では、この機能の対処するため遺伝子の名称を変更していた。(2023/10/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(241):
Excel バージョン2308に追加されたはずの“新機能[Ctrl]+[Shift]+[V]が使えない”のはなぜ?
Microsoftが1年以上前に予告し、Insiderプレビュービルドで開発を進めてきたExcelの[Ctrl]+[Shift]+[V]キーボードショートカットが、2023年8月末、Excel バージョン2308に新機能としてようやく追加されました。Excelをご利用中の皆さんの中には、同じバージョンまたはより新しいバージョン(ビルド)を実行しているにもかかわらず、このショートカットキーを使用しても何も起こらないことに戸惑っている人はいないでしょうか。結論から言うと、このような新機能が継続的に追加されるのは、Microsoft 365 Appsです。買い切り型の永続ライセンス製品(リテール製品)のMicrosoft Officeは対象外です。(2023/10/18)

123人に聞いた:
ITエンジニアの生成AI活用術 「Excel関数作成」「バグ検出」上回ったのは?
一般のビジネスパーソンよりも生成AIに触れる機会が多いと考えられるITエンジニアは、どんな使い方をしているのだろうか。(2023/10/17)

Tech TIPS:
答え一発! 配列数式 Excelの「スピル」とは?
Excel 2021/365で追加された新機能「スピル」の使い方を紹介しよう。セル範囲を指定して、一括で計算して、セルに入力できるため、数式をコピーする手間を省くことができる。従来の配列数式に比べて分かりやすく、使いやすくなっている。(2023/10/16)

Excel上でテトリスをプレイ 高校の授業中に内職で作った力作が「Excel方眼紙(レベル100)」と話題
Excelはそういうソフトじゃないんだってば……。(2023/10/7)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「Excel業務の課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/2)

ヤマハがIT投資最適化で「脱Excel」を推進 全社DX計画を後押し
全社的なDX計画を推進中のヤマハ発動機がApptioのソリューションを採用した。戦略に応じた柔軟性の高いIT投資の意思決定に向けて、精度の高いITコスト管理を実施できる基盤を導入することが目的だ。(2023/9/29)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
Ctrl+C/Vより便利なExcelコピペ法は? よく使う&意外と使う「関数」「ショートカット」
Microsoft Excelを利用する際、多くの人が関数やショートカットを利用して業務を効率化している。読者に聞いた、よく使う、意外と使う関数とショートカットを紹介する。(2023/9/27)

Tech TIPS:
構造化Excelテク:小難しい関数を使わず、住所を都道府県とそれ以下に分離する方法
Excelで住所録などの都道府県名と市区町村以下を分けて、集計したいということがある。このような場合、簡単に都道府県名が分けられそうだが、これが意外と面倒だ。多少手作業は入るがお手軽な方法と、関数を使って一発で都道府県を分ける方法を紹介しよう。(2023/9/25)

Tech TIPS:
【Excel時短術】Ctrl+↓キーで表の下までジャンプなど、知っていると便利なキーボードショートカット
Microsoft Excel(エクセル)で大きな表を選択したい場合や末尾行に合計を入力したい場合など、マウス操作では面倒なことも多い。このような場合に便利で時短にもなるキーボードショートカットを紹介しよう。(2023/9/7)

データ分析ニュースフラッシュ
“脱Excel”じゃなく「Excel+BI」をあえて選んだ日立の工場 その狙いとは?
既存のExcelデータを生かせるBIツールを導入した日立製作所の事例や、パナソニックの国内外拠点における「Looker Studio」活用事例など、データ分析の主要なニュースを紹介する。(2023/8/31)

デキるITビジネスパーソンの常識クイズ:
Excelのシート名に設定できない言葉は〇〇 そのワケとは?
デキるITビジネスパーソンなら誰もが知っている基礎知識をクイズ化。Excelのシート名に設定できない言葉は?(2023/8/28)

ExcelのセルにPythonコードを入力し、高度な分析が可能:
Microsoft、ExcelでPythonを使える「Python in Excel」のプレビュー版を公開
Microsoftは、「Microsoft Excel」でプログラミング言語「Python」を利用できる「Python in Excel」のパブリックプレビュー版をリリースした。(2023/8/28)

Tech TIPS:
PDFファイルをWord/Excelファイルに変換して編集する方法
PDFファイルはあるけれど、その元になったデータがない。でも、PDFファイルの文字を修正したり、削除したりしたい、と思ったことはないだろうか。無料のWebサービスを使って、PDFからWord/Excelファイルに変換すれば、元のデータがなくても、編集可能になる。その手順を紹介しよう。(2023/8/25)

ExcelでPythonが利用可能に セットアップやインストールなども必要なし
MicrosoftはExcelにプログラミング言語「Python」の機能を統合した。本稿執筆段階ではパブリックプレビュー版としての提供となる。(2023/8/24)

Excelが「Python」に対応 シート上でコードを実行できるように グラフ作成、機械学習なども可能
米MicrosoftがExcelのPython対応を発表した。セルに「PY関数(=PY)」を入力するとPythonのコードを記述できるようになる。(2023/8/23)

あの「Excelのイルカ」そっくりの遊具が発見 「いつかCortanaも」「いずれ青い鳥も隣に」と話題に
みんなして「お前を消す方法」とか言うから……。(2023/8/23)

上手に時短:
知ってる? Excelの「複合参照」 どんなときに使う?
複合参照とは行か列のどちらかは固定されており、どちらかは参照先が変わるというもの。どのようなときに利用するとよいのでしょうか? 実際に使い方を見ていきましょう。(2023/8/25)

上手に時短:
知ってる? Excelの「見づらい表」を「見やすく」する基本テクニック
Excelで見やすい表を作成するポイントは? さまざまな装飾を施しすぎると、かえって見づらくなってしまいます。特にセルの色などは注意が必要です。(2023/8/24)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(12):
解析ソフトは使わずに「Excel」で実験モーダル解析をやってみる
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第12回では「『Excel』を用いた実験モーダル解析」について取り上げる。(2023/8/21)

“住所の表記揺れ”の正規化サービス登場 Excelファイルをアップするだけ
位置情報に関連するクラウド事業を手掛けるGeoloniaは、住所の表記揺れを正規化できるサービス「クイック住所変換」の提供を始めた。表記ゆれしているExcelデータをアップロードすると、住所を正規化し、緯度経度の情報を付与できる。(2023/8/16)

上手に時短:
知ってる? Excelでセル内に「小さなグラフ」を作る方法
Excelには、セル内に小さなサイズのグラフを作成できる機能があります。「大きなグラフを作るまでもないけど、ある程度視覚的に推移が分かるようにしたい」といった場合に使えます。(2023/8/16)

PR:Excelの“良いとこ取り”を実現した“脱Excel”プロジェクト管理法とは?
Excelでのプロジェクト管理は「どれが最新版か分からない」「取引先と共有しにくい」などの課題がある。Excelの便利さを受け継ぎつつ、そういった課題も解決できるプロジェクト管理法とは。(2023/9/7)

上手に時短:
Excelで「氏名一覧」を「姓」と「名」に分けたい 一発でできるスゴイ機能
Excelで名簿に入力済みの氏名を「姓」と「名」で分割したい。そんなとき、関数を使いがちですが、姓と名の間が半角スペースと全角スペースが混在していると、うまく取り出せません。どうすればよいでしょうか?(2023/8/15)

上手に時短:
Excelの時短ワザ 表の中から「●●」で始まる単語を探したい どうする?
「*」(アスタリスク)をワイルドカードと呼びます。この記号は任意の文字列の代用として利用が可能です。どのように使うかというと?(2023/8/14)

上手に時短:
Excelで「参照元が分からない(汗)」 一目瞭然で分かる機能は?
Excelで参照元、参照先の数式が入り乱れ、どの数字がどこの数式をもとに算出されたものか分からなくなった……。そんなときに便利な機能を紹介します。(2023/8/13)

事例で分かる:
“脱Excel”のプロジェクト管理法 「本当に便利で手放せない」という声も
課題が多くても使い慣れているが故に抜け出せない、Excelでのプロジェクト管理。本稿ではExcelと似たユーザーインタフェース(UI)で、かつ汎用性や操作性が向上したツールの概要と、ある医薬品メーカーの導入事例を紹介する。(2023/8/31)

謎マナー「お辞儀ハンコ」までデジタル化? Excelを駆使したジョーク画像に笑い
役職が低いほどお辞儀が深くなるこだわり仕様。(2023/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。