ニュース
» 2009年04月15日 08時43分 UPDATE

早期適用を:Oracleの四半期パッチ公開、43件の脆弱性に対処

Oracle DatabaseやApplication Server、E-Business Suiteなど製品全般にわたる脆弱性が解決された。

[ITmedia]

 米Oracleは4月14日、四半期に1度のクリティカルパッチアップデート(CPU)を公開し、データベースなどの製品に存在する計43件の脆弱性に対処した。

 今回のアップデートで対処した脆弱性の内訳は、Database Server関連が16件、Application Server関連が12件、E-Business Suite関連が3件、PeopleSoft/JDEdwards Suite関連が4件、BEA Products Suite関連が8件となっている。

 脆弱性の中には、認証を経由することなくリモートから悪用できるものが多数あり、Oracleではできるだけ早期の適用を強く促している。

 次回の四半期パッチは7月14日に公開する予定。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ