ニュース
» 2009年04月17日 18時26分 UPDATE

多数の名簿業者に:三菱UFJ証券の情報漏えい事件、流通先が広範囲に

三菱UFJ証券の顧客情報が漏えいした事件で、顧客情報を入手した名簿業者が多数に上ることが分かった。

[ITmedia]

 三菱UFJ証券は4月17日、顧客情報の漏えいに関する調査の経過報告を行い、顧客情報を入手した名簿業者が80社程度に上ることを明らかにした。同事件では警察が不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査を継続している。

 事件は同社システム部の部長代理(すでに解雇処分)の男性が不正に顧客情報データベースから約148万人の顧客情報を持ち出し、このうち4万9159人分の氏名と住所、電話番号、性別、生年月日、職業、年収区分、役職、勤務先の情報を3社の名簿業者に売り込んでいた。

 当初、顧客情報は男性が売り込んだ名簿業者が転売した先を含め13社の名簿業者に上るとしていた。しかし、その後の調査でサンプルだけを入手した業者を含めて29社に上ることが確認された。同社顧客からは50社程度のほかの名簿事業者に関する情報も提供され、合計では80社程度に流通している可能性があるという。

 同社では、名簿業者に対して顧客情報の利用停止や破棄を求める警告書を代理人弁護士名を送付し、事態の収拾に努めているとしている。

 事件調査は警察の捜査と並行して進められ、同社は具体的な進展内容を明らかにしていない。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -