ニュース
» 2009年05月15日 09時21分 UPDATE

情報流出の温床に:無線LANの57%は無防備状態、英米7都市で実態調査

セキュリティ企業の調査によると、無線LANの57%はオープンな状態になっているか、脆弱なWEP暗号が使われているかのいずれかだった。

[ITmedia]

 無線LANセキュリティを手がける米AirTight Networksは、英米7都市の金融街で無線LANセキュリティの現状について調べた結果、いまだに無線LANの多くが無防備な状態で使われていることが分かったと発表した。

 AirTightは米ニューヨーク、シカゴ、ボストン、ウィルミントン(デラウェア州)、フィラデルフィアと英ロンドンで2〜4月にかけて調査を実施。その結果、無線LANの57%がオープンな状態になっているか、脆弱なWEP暗号が使われているかのいずれかだった。

 これら無防備な無線LANの61%は、コンシューマーとSOHOのアクセスポイントが占め、デフォルトのまま使われているものも多かった。

 こうしたアクセスポイントでは、データが流出して外部から傍受できる状態になっているとAirTightは報告。同社の実験で簡単に社内ネットワークにアクセスできてしまい、会社の幹部などを含むユーザー情報の流出につながっているケースもあったという。

 金融機関からの情報流出が大きな問題になる中、企業や政府機関などは無線LANのリスクを認識し、あらゆる手段を尽くして防御に努める必要があるとAirTightは指摘している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ