ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「実態調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キャリアニュース:
ワーキングケアラーの4割が、介護と仕事の両立を「相談したことがない」
「LIFULL 介護」が「ワーキングケアラーの実態調査」の結果を発表した。約3割が介護していることを職場の人に伝えておらず、約4割が仕事の両立について誰かに「相談したことはない」と回答した。(2024/2/22)

建設業の働き方の課題、「長時間労働」を上回ったのは?
 rakumoが建設業の働き方に関する実態調査を実施した。「2024年問題」が迫る今、建設業界の抱える働き方の課題とは?(2024/2/20)

今日のリサーチ:
ウェビナー運用の実態 開催頻度、集客数、予算など、よその会社はどうしてる?――ネクプロ調査
ネクプロがウェビナーを実施または検討している企業を対象に行った「ウェビナーにおける実態調査」の結果です。(2024/2/17)

社用携帯の契約キャリアはドコモが最多 契約している人気スマホは? MMDが調査
MMD研究所は、2月9日に「2024年法人向け携帯電話の利用実態調査」の結果を発表。社用携帯電話の契約キャリアは「NTTドコモ」、利用機種は「iPhone SEシリーズ」がトップとなった。(2024/2/13)

セキュリティニュースアラート:
インシデントからの復旧、多くの企業が“2日以上” デルが実態調査を公開
デルはサイバー復旧に関する実態調査を発表した。サイバー攻撃によるダウンタイム発生時の復旧時間について、多くの企業が2日以上かかっていることが判明した。(2024/2/2)

一方、採用側での利用は11.4%にとどまる:
約7割の企業が「学生の生成AI利用」に肯定的 ベネッセ i-キャリアが新卒採用の実態調査結果を発表
ベネッセ i-キャリアは、新卒採用における生成AIの利用実態に関する調査の結果を発表した。新卒採用業務に「ChatGPT」などの生成AIを利用している企業の割合は11.4%。約7割の企業が学生の生成AI利用について肯定的だった。(2024/1/29)

医療機器ニュース:
ポケットエコーの利用実態に関する調査結果を公表
GEヘルスケア・ジャパンは、医師を対象とした「ポケットエコー利用実態調査」の結果を公表した。ポケットエコーについて、臨床現場における有用性の他、医療経済への貢献を示唆する結果も得られている。(2023/12/28)

コロナ以降「採用要件を緩和」企業の52.8% メンタルに疾患抱える応募者増加で
レバレジーズは中途採用担当者330名を対象に、若者の採用意欲に関する実態調査を実施した。(2023/12/22)

新料金プラン「irumo/eximo」「auマネ活プラン」「ペイトク」加入状況は? MMDが調査
MMD研究所が、12月20日に「MNO4キャリア9サービスの契約プラン内容の実態調査」の結果を発表。今年開始した大手4キャリアの新プラン「irumo」「eximo」「auマネ活プラン」「ペイトク」「Rakuten最強プラン」を対象としている。(2023/12/20)

中小経営者の8割「DX・GX人材の採用や育成に取り組めていない」 何が問題?
中小企業経営者の半数以上が、DXやGXに積極的に取り組もうとしている──中小企業のDX・GX実態調査を手掛けるフォーバル GDXリサーチ研究所が実施した調査で、そんな結果が出た。(2023/12/6)

調査レポート:
「建設業で4週8休は15.3%も、希望者は増加。過去1年で年収上がらず」助太刀総研が実態調査
助太刀総合研究所は、建設業の労働時間や収入、魅力と課題などの実態を調査した。調査結果をまとめたレポートによると、2024年問題や国交省主導の週休2日の働きかけなどに伴い、週休2日以上の希望者は増加している一方で、回答者の80.3%が「過去1年で年収が上がっていない」と待遇改善に至っていない実態が明らかになった。(2023/12/5)

30〜50代の使用率が高い:
業務利用は「言語生成」が圧倒的 ランサーズがフリーランスの生成AI活用実態を調査
ランサーズは「生成AI活用の実態調査」の結果を発表した。生成AIを業務で使用している人は約4割。最も使用している生成AIの種類は「言語生成」で、ライティングやプログラミングなどで利用している人が多かった。(2023/11/30)

セキュリティニュースアラート:
組織の半数以上が機密情報を損失している Rubrikがデータ保護の実態調査を公開
Rubrik Japanはサイバーセキュリティリスクと攻撃対象領域の拡大に伴うデータ保護の課題に焦点を当てた調査結果を発表した。組織の半数以上が機密データ損失を経験していることが分かった。(2023/11/22)

今日のリサーチ:
電話の利用率は7年連続で減少、消費者と企業のコミュニケーション実態――トランスコスモス調査
トランスコスモスは「消費者と企業のコミュニケーション実態調査2023-2024」のレポートを公開しました。(2023/11/15)

2023年冬のボーナス、支給額はいくら? 中小・零細企業に聞いた
フリーウェイジャパンは、中小・零細企業の従業員130人と代表取締役166人を対象に「2023年度冬のボーナス実態調査」を実施した。2023年冬のボーナスの支給額はどれくらいだったのか?(2023/11/15)

4キャリアの通信料金は平均月4691円、楽天モバイルを除くといくら? MMDが調査
MMD研究所が、11月14日に「2023年9月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」の結果を発表。大手4キャリの携帯料金の支払い平均は月8888円で、契約データ容量はオンライン専用プランを除き小容量が多くなった。(2023/11/14)

失敗した人事制度・施策 「テレワーク」を抑えた1位は?
「人事制度・人事施策に関する実態調査2023」から、失敗した人事制度・施策が分かってきた。テレワークを抑えた1位は?(2023/11/14)

若者世代は「電話恐怖症」? 20代以上の約7割が苦手意識 民間会社調査
情報通信会社が発表した「電話業務に関する実態調査」で、調査に回答した20代の7割以上が電話対応に苦手意識を感じていることが分かった。同社は「SNSのチャットやメッセージ機能が普及したことに伴い、電話で話す機会が以前より減少したことで、電話に対する苦手意識を感じる『電話恐怖症』に陥っている若者が増加していると考えられる」と分析している。(2023/11/10)

奨学金、約8割が返還必須タイプを受給 情報源はどこ?
奨学金プラットフォームを運営するガクシーは、「奨学金に関する実態調査(2023年版)」を実施した。(2023/11/9)

キャリアニュース:
日本人の休み方実態調査、38%が休むことに「罪悪感がある」
「Job総研」と日本経済新聞社が「2023年 日本人の休み方実態調査」の結果を発表した。一緒に働く人に休暇取得を「合わせる」と40.6%が回答し、38.3%が休むことに罪悪感を抱いていた。(2023/11/9)

「社内会議にムダを感じる」88.8% 働く人が思うムダ1位は?
弁護士ドットコム(東京都港区)は、弁護士監修の契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン」利用企業の694人を対象に、社内会議の基礎情報や課題に関する実態調査を行った。(2023/10/31)

「テレビを持っていない」約35% ネット・SNSとの使い分けは?
社会人は各媒体をどのように利用しているのか。ライボ(東京都渋谷区)が実施した「2023年 媒体利用の実態調査」で、若年層のテレビ離れの実態や、さまざまな媒体の使い分け状況が明らかになった。(2023/10/31)

年間「18万円以上」の時間を電話業務に消費 固定電話への不満は?
AI電話自動応答・取り次ぎサービス「ミライAI」を開発・提供するソフツー(東京都中央区)が、「電話業務に関する実態調査」を行ったところ、1人当たり年間平均18万7200円分の時間を電話業務に費やしていることが分かった。(2023/10/27)

製造マネジメントニュース:
生成AIはほとんどの人が「業務利用の経験なし」、実態調査結果を公開
AI insideは、生成AIの活用実態、意向に関する調査結果を公表した。生成AIを継続的に業務で活用しているのは全体のわずか7.8%で、認知度は55.5%だったが、未利用者が84.4%に上ることも分かった。(2023/10/26)

中小企業の65%が「電話対応」に課題 「人手不足」を抑えたお悩みの1位は?
中小企業の65%が「電話対応に課題がある」と回答したことが、楽天コミュニケーションズによる「中小企業の電話対応に関する実態調査」で明らかとなった。(2023/10/20)

生成AIの導入可能性が最も高い業務領域は何?:
AWSが考える「生成AIのうまい使い方」とは 通信業界での生成AI活用の実態調査結果を発表
アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、通信業界での生成AIの活用に関する調査レポートを発表した。それによると「社内でAIモデルを構築したい」と回答した通信事業者は15%にとどまり、65%は既存モデルの活用を考えていた。(2023/10/19)

インボイス制度:
「インボイス制度導入に危機感、一人親方の約7割」労災センター共済会が実態調査
労災センター共済会は、一人親方を対象にインボイス制度について、施行前の2023年9月に調査した。その結果、約半数が準備ができていないことが判明し、約4割から「十分に理解していないため、対応策を練ることができない」の声が寄せられた。(2023/10/13)

8割が「副業に興味あり」 いくら稼ぎたい?
社会人の副業意識はどのように変化しているのか。ライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」が「2023年 副業・兼業の実態調査vol.2」を実施した。(2023/10/4)

年収の理想と現実、その差は平均で約200万円:
副業の年収額、中央値は294万円 ライボが副業と兼業の実態調査
ライボは「2023年副業・兼業の実態調査vol.2」の結果を発表した。それによると、約8割の人が本業に満足しており、副業経験者は約3割だった。(2023/10/3)

女性の副業経験者は、月にどれくらい稼いでいるのか
ライフイベントがキャリアに影響しやすいと考えられる女性は、物価高や賃上げの少ない状況下において、副業に対してどのような意識を持っているのか。働き方に関する調査機関「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区 )が、社会人女性を対象に「2023年 女性の副業実態調査」を実施した。(2023/9/29)

人工知能ニュース:
製造業は生成AIの日常利用率が他業種より低め、実態調査の結果発表
エクサウィザーズは、ChatGPTなど生成AIの利用実態に関するアンケート調査結果を発表した。2023年4月の前回調査では「日常的に使用する」の回答は7.2%だったが、今回調査では20.3%と大幅に増えた。(2023/9/28)

結婚式を「挙げなかった」理由 3位「準備が面倒」、2位「興味ない」 1位は?
マイナビが「2023年 結婚・結婚式の実態調査」を行ったところ、結婚式を挙げた割合は45.3%だった。「結婚式を挙げない」カップルには、どんな理由があるのだろうか。(2023/9/28)

人事評価のせいで「転職を考えた」75% 不満が多い評価方法は?
キャリアや働き方について研究・調査する「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)が、758人の社会人男女を対象に「2023年人事評価の実態調査」を実施した。その結果、75%が人事評価によって「転職を考えた」経験があると分かった。(2023/9/26)

今日のリサーチ:
化粧品の情報収集実態 信頼できる情報源は「サンプル」、購入の決め手は「口コミ」がトップ
「@cosme」を運営するアイスタイルが実施した化粧品の情報収集実態調査の結果です。(2023/9/25)

記事使用料は1000PVで平均124円 ヤフーは報道機関に「優越的地位」と公取委
公正取引委員会が21日に公表した「ニュースコンテンツ配信分野に関する実態調査報告書」は、新聞や雑誌などの報道機関と、ヤフーなどポータルサイトを運営するプラットフォーム(PF)事業者との具体的な取引の実態を明らかにした。(2023/9/22)

猛暑でエアコン使用時間が増えた地域、2位は青森県、1位は?
パナソニックは22日、「エオリアアプリ」の利用データをもとに「夏のエアコン使用実態調査」結果を発表した。(2023/9/22)

公取委「ヤフーは優越的地位の可能性」 Yahoo!ニュースなど、ニュースポータルの実態調査
公正取引委員会が、ニュースメディア事業者の記事をまとめて表示する配信プラットフォームに関する実態調査報告書を公開した。ニュースメディアと配信プラットフォーム事業者間の取引について調査したもので、ニュースポータル「Yahoo!ニュース」を提供するヤフーに対し「優越的地位にある可能性がある」などと指摘している。(2023/9/21)

設計者CAE実態調査 2023:
設計者CAEって実際どうなの? 実施状況や期待、満足度を読者に聞いた
読者調査アンケート「設計者CAEの取り組みに関する実態調査 2023」の結果から一部を抜粋し、設計者CAEの取り組み状況や期待、満足度など、“読者の生の声”をお届けする。(2023/9/20)

出社頻度と残業時間が相関?:
新型コロナウイルス感染症の5類移行で残業時間が増加 ライボが残業に関する実態調査
ライボは、「2023年 残業に関する実態調査」の結果を発表した。67.2%がコロナ禍よりも残業が「増えた」と回答し、出社頻度が高い人ほど残業時間が増える傾向が見られた。(2023/9/12)

10〜20代の6割超が「歩きスマホ」、大都市ほど強い傾向に ドコモ調べ
NTTドコモのモバイル社会研究所は、9月6日に「歩きスマホ」の実態調査について発表。男女とも10〜20代の6割超が歩きスマホを行っていて、特別区/政令指定都市の方が歩きスマホを行う割合が高い。(2023/9/6)

約2割が就職活動でAIチャットサービスを利用:
就活でも活躍するChatGPT、さらに重要性が増す「面接での見極め」 レバレジーズ
レバレジーズは、「ChatGPT」をはじめとするAIチャットサービスを使った就職活動に関する実態調査の結果を発表した。就職活動にAIチャットサービスを使用した経験がある学生は18.8%。そのうち4割近くが、「期待以上の結果を得られた」と回答した。(2023/9/6)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
10月開始「インボイス制度」対応企業はまだ半分? 今から間に合う対応策は
インボイス制度の開始時期が2023年10月と目前に迫っている。実態調査から見えてきた企業のつまずきポイントや、請求業務の変更への対応策になる「請求書発行ソフト」の基本と選定ポイントを解説する。(2023/9/4)

女性が管理職を望まない理由 「責任が重い仕事はイヤ」を抑えた1位は?
ライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」が「2023年 女性管理職の実態調査」を実施した。(2023/8/31)

Threads、2人に1人が「知っている」 「X派」の反応は?
ライボ(東京都渋谷区 )の調査機関「Job総研」が「2023年 SNS利用の実態調査」を実施した。(2023/8/30)

株式会社オリゾ提供ホワイトペーパー:
PR:動画広告に訴求力と信頼性を付与、“調査データ”がもたらす効果とその活用方法
動画広告に関する実態調査によると、半数以上の回答者が“調査データ”を活用しており、訴求力や信頼性の向上といった効果を得ているという。その効果を最大化するためには何が必要か。調査の結果から考察する。(2023/8/29)

キャリアニュース:
リスキリングの実態調査、義務感や報われなさを感じる人も
WHITEが「リスキリングの実態調査」の結果を発表した。約8割が設定目標を達成する一方、約5人に1人が途中でリスキリングを断念していた。その理由として「義務感を感じた」など“やらされリスキリング”だったと回答した人が1割程度いた。(2023/8/24)

スマホの月額料金は減少傾向、端末は約7万円の中高価格帯が人気に MM総研のスマホ実態調査
MM総研は、携帯電話の月額利用料金と音声通話/データ通信サービスの利用実態について発表。スマホの月額利用料金は4317円と前回調査から141円減少し、端末の割引前購入金額は7万338円と中高価格帯比率が上昇している。(2023/8/22)

8割のテレワーカーは「テレワークを継続したい」:
「原則テレワーク」は4.7%まで減少 パーソル総合研究所が2023年7月のテレワーク実態調査結果を発表
パーソル総合研究所は、テレワークの実態調査の結果を発表した。2022年2月をピークにテレワーク実施率は低下したが、テレワーカーのテレワーク継続意向は8割と調査開始以降、最も高い割合となっている。(2023/8/16)

「夏休みがない」管理職の割合は?
管理部門の従事者は、夏季休暇をどのくらい取るのか――。MS-Japan(東京都千代田区)が「管理部門の夏季休暇の取得実態調査」を実施した。(2023/8/11)

IPビジネス、7割超が「契約違反トラブル」経験 追加費用1億円のケースも……?
SansanがIPビジネスの契約実態調査を実施した。(2023/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。