ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WEP(Wired Equivalent Privacy)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

無線LANのセキュリティプロトコルを知る【後編】
「WPA」と「WPA2」の違いとは? 脆弱な「WEP」からの改善点は
脆弱な無線LANセキュリティプロトコル「WEP」に代わり、より強固なセキュリティ規格として設計された「WPA」と「WPA2」は何が違うのか。暗号化技術や仕組みなどの観点から説明する。(2019/11/16)

無線LANのセキュリティプロトコルを知る【前編】
「WEP」を無線LANのセキュリティに使ってはいけない理由 専門家の推奨は?
無線LANセキュリティプロトコル「WEP」「WPA」「WPA2」は、それぞれ異なる特徴を持つ。だがWEPには複数の脆弱性が見つかっており、利用が推奨されていない。何が危険なのか。(2019/11/9)

総務省、無線LANルータの不正利用について注意喚起 WEPなど古い暗号化方式をまだ利用している人は注意!
ちょうど同日、無線LANの「ただ乗り」で初の逮捕者が出たばかりでした。(2015/6/12)

docomo Wi-Fiの全APがWPA2に対応 WEP接続の提供終了
ドコモは、「docomo Wi-Fi」のWPA2方式への対応が完了したため、従来のセキュリティ方式であるWEP方式を11月1日以降順次終了すると発表した。(2013/9/12)

ワイヤレスジャパン 2012:
大容量コンテンツを簡単に再生――KDDIの「NFC×Wi-Fi連携システム」
NFCタグを読み込むとWi-Fiに自動接続してコンテンツを再生――といったことができる連携システムをKDDIが開発している。WEPキーを入力せずにWi-Fiアクセスポイントに自動接続できるのがメリットだ。(2012/5/30)

下り9.2MbpsのWIN HIGH SPEEDに対応したモバイルルーター――「Wi-Fi WALKER DATA06」
「Wi-Fi WALKER DATA06」は、下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbpsの「WIN HIGH SPEED」に対応したモバイルWi-Fiルーター。AOSSとWPSに対応し接続が簡単に行え、WEPとWPA2の同時利用も行える。(2011/5/17)

情報流出の温床に:
無線LANの57%は無防備状態、英米7都市で実態調査
セキュリティ企業の調査によると、無線LANの57%はオープンな状態になっているか、脆弱なWEP暗号が使われているかのいずれかだった。(2009/5/15)

無線LAN暗号のWPA、部分クラッキングに成功
無線LANのセキュリティでは、これまでWEPの危険性が指摘されてきたが、WPAの方が安全ともいえない状況になってきた。(2008/11/7)

WEPは一瞬で解読――ニンテンドーDSはどうなる
「WEPは一瞬で解読できる」という研究成果が発表されたが、「ニンテンドーDS」の無線LAN通信機能はWEPにしか対応していない。任天堂はそのリスクについてどう考えているのか。聞いてみた。(2008/10/17)

WEPを禁止する新基準、クレジットカード業界が作成
クレジットカード業界「PCI」の新規定では、クレジットカード情報の処理過程でWEPを使うことを一切禁止した。(2008/10/15)

「WEPを一瞬で解読する方法」を研究者グループ発表 プログラムも公開予定
WEPを「一瞬で解読する」という方法を考案・実証したと神戸大学と広島大学の研究者グループが発表。一般的な環境で簡単に解読でき、普通のWindowsマシンで動作するプログラムも近く公開予定という。(2008/10/14)

どこがWEPよりいいのか?
無線セキュリティ──WPAとWPA2の仕組み
WEPに対するハッカーの攻撃増大を受けて開発されたWPAとWPA2での暗号化方式は、どのように改良されているのだろうか。(2008/4/22)

いまだに使ってますか?
無線セキュリティ──WEP暗号化の仕組み
WEP暗号の脆弱性は何年も前から知られていたにもかかわらず、これを使い続けていた小売業者のTJXは4500万件を超える個人情報を流出させた。あらためてWEPの仕組みと欠点を確認しておこう。(2008/4/3)

暗号化技術WEP、今度こそ最期を迎えるか
WEP暗号を1分足らずで破れる新手法が公表された。いまだに広く使われているWEPを完全に葬る「とどめの一撃」になるのか。(2007/4/9)

無線LANのWEP暗号、60秒でクラッキング
ドイツの研究者が、WEP暗号を簡単に破る攻撃手法について研究論文を公開した。(2007/4/5)

無線LAN“再構築”プラン:
有線と同等、のはずがそうではなかった暗号化の「予想外」
無線LANには3つの暗号化方式がある。その1つであるWEPは、標準でありながらなぜ脆弱だといわれてきたのか。ユーザーの運用自体に問題はなかったのか。新たに2つの暗号化が登場した背景を探る。(2006/11/7)

Keywords:
WPA2【だぶりゅぴーえーつー】
次第に強化される無線LANのセキュリティ。現在、IEEE802.11bではWEPが主流だが、規格としては次世代のWPA、WPA2も決まってきている。(2004/3/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。