ニュース
» 2009年06月23日 20時45分 UPDATE

IMJモバイル調べ:iPhone、認知度と購入意向で大きな開き

iPhoneの認知度は8割に上るものの、購入意向は1割程度にとどまり、大きな開きが出ることがIMJモバイルの調査で明らかになった。

[ITmedia]

 iPhoneの認知度は8割に上るものの、購入意向は1割程度にとどまることがIMJモバイルの調査で明らかになった。

 スマートフォン(iPhone、Android、BlackBerry、Windows Mobile)の認知度を聞いたところ、iPhoneが84%と最も高かった。Androidは22%、BlackBerryは21%、Windows Mobileは20%となり、iPhoneに大きく水をあけられた。

image

 購入意向を聞いたところ、最も高かったのはWindows Mobileの22%。Androidは18%、BlackBerryは13%だった。iPhoneは12%にとどまるなど、認知度と購入意向の間には大きな開きがあった。広く認知されているiPhoneに対して、その他のスマートフォンは新しい製品の購入意欲が大きい「イノベーター層」の認知にとどまっているため、購入意向率も高くなったとIMJモバイルは推察している。

image

 携帯電話、PHSを持つ15〜49歳の男女にインターネット調査を実施し、828人の回答を得た。調査期間は6月5、6日。

過去のニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

iPhone | Windows Mobile | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -