ニュース
» 2009年06月25日 16時10分 UPDATE

電話番号でユーザーを追加認証、NTTソフトが新製品

NTTソフトは、IDとパスワードに加えて電話番号で追加認証ができるセキュリティ製品を発売した。

[ITmedia]

 NTTソフトウェアは6月25日、電話番号の発信者通知を利用して本人確認を行う認証ソフト製品「CallPassport」を発売した。低コストで導入できるのが特徴。

 同製品は、IDとパスワードに加えて電話番号を認証に使う二要素認証機能を提供する。二要素認証にはワンタイムパスワードやIDカード、生体認証などを使うが、専用機器が必要になる場合が多く、コスト面が課題になっていた。

 ユーザーは、従来の固定電話や携帯電話から発信者番号通知を行って(通話料は必要)、この仕組みを利用する。インターネットショッピングやオークション、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)、Web型EDI、VPN接続などオンライン経由でサービスを利用するためのユーザー認証に活用できる。

 参考価格は、認証ユーザー1000人規模の場合で449万円(税抜き)から。今後3年間で3億円の売り上げを見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

認証 | NTTソフトウェア | SaaS | 電話


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -