ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTソフトウェア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NTTソフトウェア」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
「2017年はOpenStack普及元年」は本当か 今、注目を集めている理由
AWSに対抗するクラウド基盤としてオープンソースによって開発が進められてきた「OpenStack」。最新情報から、その現状と今後の行方を探る。(2017/5/22)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
ビジネスを守るサイバーセキュリティに強い会社の作り方
企業・組織の事業継続にとってサイバーのリスクは大きな課題となっている。これからのセキュリティ対策はどうあるべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは官民を挙げた新時代のセキュリティが提示された。(2016/12/19)

進化が速いクラウド基盤構築ソフトの運用ノウハウを共有
OpenStackのアップグレードで悩むサーバ管理者を救う「Ops Workshop」の“集合知”
OpenStackでは、開発者のコミュニティーの他にオペレーター側の運用ノウハウの共有と議論を深める場としてWorkshopを設けている。現場から挙がる運用事例と解決策の集合知を紹介しよう。(2016/9/8)

MS西脇氏×NTTソフト安田氏エバンジェリスト対談:
情シスが“女子高生AI”の使い手になれば、会社の利益が上がる!? そのからくりは
クラウドやAI、IoTなど、次々と新たな技術が登場する中、情報システム部門はこうした技術をどのように取り込み、どのような形で業務に生かしていけばいいのだろうか――。マイクロソフトとNTTソフトウエアのエバンジェリスト対談から見えてきた結論は。(2016/8/23)

受験者の7割以上が会社から何らかの支援あり:
「HTML5プロフェッショナル認定」への支援企業が増加
HTML5プロフェッショナル認定試験の受験者の多くが、所属企業から何らかの支援を受けており、多くの企業がHTML5技術者の育成に力を入れていることが分かった。(2016/5/17)

“脱Excel”でクレーム半減、三井住友海上の挑戦
コールセンターへの電話がつながらなくてイライラ。そんな経験がある人は多いはず。これは企業にとっても大きな悩みの種だ。人工知能など、コールセンターへのIT導入を進める三井住友海上火災保険は、オペレーターの応答率を高める新システムを導入したという。(2015/6/15)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(9):
iOS/AndroidのUIテストを自動化するAppiumのテストスクリプトの書き方とインスペクターの使い方
本連載では、AndroidおよびiOSアプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介していきます。今回は、オープンソースのモバイルテスト自動化ツール「Appium」のテストスクリプトの書き方や、インスペクターの使い方、Appiumサーバーのコマンドラインからテストを実行する方法などについて。(2015/6/2)

いまさら聞けないハイブリッドクラウド【第6回】
「社内ポリシーを生かしてクラウドを使いたい」企業に役立つ3つのポイント
ハイブリッドクラウドの利用において、懸念点の1つとなるのがクラウドサービス上でのセキュリティと自社コンプライアンスの維持だろう。(2015/5/26)

SMSの情報漏えい対策を国内初提供――NTTソフト
Office 365やGoogle AppsなどのWebメールの漏えいも抑止する。(2015/5/19)

情報セキュリティEXPOレポート:
「パスワード要らず」が来る? チョット気になるセキュリティ製品たち
便利と安全の両立――セキュリティの永遠なるテーマを実現してくれるかもしれない期待の先端技術や参考製品などに注目してみました。(2015/5/15)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(8):
SeleniumのUIテスト自動化をiOS/AndroidにもたらすAppiumの基礎知識とインストール方法、基本的な使い方
本連載では、AndroidおよびiOSアプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介していきます。今回は、オープンソースのモバイルテスト自動化ツール「Appium」の特徴やインストール方法、基本的な使い方を説明します。(2015/4/27)

教育ITニュースフラッシュ
日本大学の教授会がペーパーレス化、20万枚規模の紙資料削減へ
鎌倉学園中学校・高等学校がiPadの管理効率化を目指してMDMサービスを導入した事例から、教科書会社8社が提供を始めたデジタル教科書ビュワーまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2015/3/27)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(3):
Androidテストで便利なuiautomatorviewer、UiScrollableの使い方、テキスト入力API制限事項の回避方法
本連載では、スマートフォン(Android/iOS)アプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介しています。今回は、Android SDK標準の何でもテストツールuiautomatorの使い方の応用編として、uiautomatorviewer、UiScrollableの使い方、テキスト入力API制限事項の回避方法などを紹介。(2014/11/5)

スマホ向け無料システムテスト自動化ツール(2):
Android SDK標準の何でもテストツールuiautomatorの基本的な使い方
本連載では、スマートフォン(Android/iOS)アプリ開発における、システムテストを自動化するツールを紹介しています。今回は他者の署名したアプリもテストできる、Android SDK標準の何でもテストツールuiautomatorの特徴や基本的な使い方について。(2014/10/7)

不審なメールを自動検出、NTTソフトが標的型メール対策を強化
通常とは異なるメールを検知し、サンドボックスで添付ファイルやリンク先などを把握できるという。(2014/5/9)

Mahoutによる機械学習の実際:
Apache Mahoutの使い方:テキスト分類のアルゴリズムを活用する
機械学習は古くからある情報処理のアルゴリズムの総称です。これをApache Hadoop上で実施する際のフレームワークの1つがApache Mahoutです。本稿ではApache Mahoutを使った機械学習の初歩を学んでいきます。(2013/12/4)

総務省、不正サイトへのアクセス時に注意喚起 NTTやKDDIら官民で共同実験
総務省はISPやセキュリティ企業と連携し、ネットユーザーが不正サイトにアクセスしようとした際に画面上で注意喚起する実証実験を始める。(2013/10/2)

ドコモの法人向けスマホパッケージに勤怠管理「KING OF TIME」が追加
ヒューマンテクノロジーズは、NTTドコモの法人向けサービスパッケージ「ビジネスプラス」に、クラウド型勤怠管理クラウドサービス「KING OF TIME」が追加されたと発表した。(2013/8/30)

@IT セキュリティセミナーレポート:
いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは
ここ数カ月を振り返ると、セキュリティ脅威の動向が活発化している。Web改ざんや不正アクセス、いまだ収まらない標的型攻撃……企業はこうした行為にどう対処すべきか。6月28日に開催されたセミナー「サイバー戦争勃発!? いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは」の講演から、そのヒントを探る。(2013/7/30)

試験範囲はCSS3やレスポンシブWebデザイン、JavaScript:
LPI-Japan、2014年1月を目標に「HTML5認定試験」開始へ
エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は7月8日、「HTML5認定試験(HTML5 Professional Certification)」の開発に着手したことを明らかにした。2014年1月からの配信開始を目標にしている。(2013/7/8)

NEWS
新3大常識、標的型メール攻撃対策は「守る」「止める」「教える」
情報セキュリティの中でも注目が集まる標的型メール攻撃対策について、「情報セキュリティEXPO」と「データストレージEXPO」の展示から防御、制御、検知に関する最新の製品/サービスを紹介する。(2013/5/10)

クラウドのセキュリティ監査を推進する協議会発足、25の事業者や監査法人が参加
日本セキュリティ監査協会の下部組織となる「JASA-クラウドセキュリティ推進協議会」が発足。クラウド環境のセキュリティ監査の確立し、2014年から監査制度を正式にスタートさせる予定だ。(2013/4/25)

NTTソフト、クラウド上に展開したデータを保護する製品を発売 Salesforceから対応
ユーザーが指定するデータをクラウドに展開する際に暗号化し、クラウドから受信する際には復号化を自動的に行うことで利便性を損なわないという。(2013/3/6)

NEWS
Salesforceのデータを暗号化したまま検索可能、NTTソフトウェアが新サービス
クラウドに預けたデータを暗号化したまま検索/ソート可能にする――。NTTソフトウェアは、こうした機能を備えたクラウド向け暗号化製品「TrustBind/Secure Gateway」を発表した。(2013/3/6)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
セールスフォースに特化、海外成功に自信を見せるテラスカイ
クラウドの将来性を信じた佐藤社長がセールスフォースを飛び出して創設した企業がテラスカイだ。(2013/1/16)

ホワイトペーパーレビュー
ネットワークの省エネ術が分かる3つのホワイトペーパー
電力供給の不安や電力コストの高騰を受け、重要性が高まるIT関連の消費電力削減。本稿はネットワークに絞り、消費電力の削減方法を示した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/8/29)

ホワイトペーパーレビュー
ITを使った経営の「見える化」、そのノウハウが分かるホワイトペーパー
さまざまな分野で使われるようになった「見える化」という言葉。しかし、その実践は容易ではない。本稿では、見える化を効率的に行って経営に生かしている事例を説明するホワイトペーパーを取り上げる。(2012/4/3)

クラウドガバナンス現在進行形【第5回】
クラウドの応答性能とサポート品質を客観的に比較するには
クラウドの利用に当たって、多くの企業利用者が応答性能とサポートに不安を抱いている。本稿では、応答性能とサポート品質を正しく把握する方法について検討する。(2012/1/26)

端末本体にメールや通話履歴を残さない――NTTソフト、Android版アプリを開発
NTTソフトウェアは「電話の発着信履歴」「電話帳データ」「メール」をスマートフォン本体に残さないAndroid用アプリを開発。不正アクセスなどから機密情報を守る。(2011/12/12)

通話履歴もメールも残さないAndroidアプリ、NTTソフトが開発
オフィス向けソリューション「ProgOffice」の新オプションとして2012年春に発売する。(2011/12/8)

ホワイトペーパー:
オフィスの電力使用量を約25%削減達成。従来にはない新しい節電対策とは?
企業に迫る「節電対策」。従来の節電対象の大半が空調と照明だった。しかし、それではこれまでの対策と変わらず、この夏を乗り切ることが難しい企業も多い。一歩進んだ節電対策とはなにか。新しい節電の形を提案する(提供:NTTソフトウェア)。(2011/11/8)

電力不足の夏はこうして乗り切れ:
PR:節電対策の運用を自動化する次世代オフィスソリューション
過去に例を見ないほど甚大な被害をもたらした東日本大震災。その影響は今も続き、今夏は企業に大幅な節電への取り組みが要求されている。オフィスには照明や空調、PC、プリンタなどさまざまな電気機器があるが、節電対策で見過ごされがちなのがコンセントにつながるオフィス機器をはじめとする電気機器だ。それらのオン/オフを自動化し、社員に負担を強いることなく節電を行えるのがNTTソフトウェアの「ProgOffice3.0 らくらく自動節電」(以下、らくらく自動節電)である。(2011/7/6)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
ビジネスを止めないBCP(事業継続計画)作成の手引き
未曾有の事態に備えて企業が策定しておくべき事項として、システムのバックアップ/ディザスタリカバリ、在宅勤務の導入など、各項目別に成功のためのノウハウを紹介する。(2011/7/19)

NTTソフトがクラウド対応の認証連携製品を発売、短期導入も可能に
ISP大規模な通信サービスを展開する企業向けに提供してきた「TrustBind」を一般企業でも利用しやすいように開発した。(2011/6/2)

製品ディレクトリ/エネルギー管理:
照明やオフィス機器の電源ON/OFFを制御するサーバー
NTTソフトウェア、2011年7月1日発売(2011/5/19)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
クラウドコンピューティングの最前線と活用への最適解
「既存システムとの連携はどうするか」「サービスの可用性に不安がある」……クラウドコンピューティングの導入・利用を検討する読者のこうした不安を解決するソリューションを、ベンダー各社が提案する。(2011/3/1)

ホワイトペーパー:
“電話番号”を使った不正アクセス防御策。その方法は?
警察庁の「平成20年中のサイバー犯罪の検挙状況等について」によると情報漏えいなどのセキュリティ事故原因の第一位は「不正アクセス」だった。企業の間で情報漏えい対策は進んでいるが、「不正アクセス」によるなりすまし被害は、増加の一途をたどって いる(提供:NTTソフトウェア)。(2011/2/1)

ユニファイドコミュニケーション(UC)基盤製品一覧
通話やメール、プレゼンス確認などの複数の通信手段を統合するUC基盤製品は、単体の連絡手段だけでは得られない包括的なコミュニケーション力を企業に与える。生産性向上や意思決定の迅速化でも注目が集まっている。(2011/1/25)

誤送信対策製品一覧
ベンダー各社から提供されている誤送信対策製品を紹介する。(2010/11/16)

PR:あなたの“電話番号”がセキュリティの脅威から企業を守る
インターネットがこれほど普及したことで、ネットバンキングや社内イントラネットなどへアクセスするために認証を行う機会が劇的に増えている。こうした中、慣れ親しんだ「電話」を用いて容易に認証の高度化を図れるセキュリティソリューションが今、新たな認証手段として注目を集めつつある。(2010/10/25)

誤送信対策製品紹介:NTTソフトウェア編
柔軟な導入形態、利便性を追求したメール誤送信防止製品「CipherCraft/Mail」
NTTソフトの誤送信防止製品「CipherCraft/Mail」は、送信者に再確認を促す機能や暗号化機能が特徴だ。導入形態はサーバとクライアントの2種類を用意している。(2010/8/18)

ホワイトペーパー:
その「見える化」で十分ですか? いま、本当に必要な「見える化」とは──IFRSにも対応、経営を一歩先へ
企業が持つデータを収集し、過去〜現在に基づいて将来を予測。リスクを最小化しながら柔軟に意志決定するための情報基盤を構築するNTTソフトウェアのソリューションは、IFRS対応を果たしながら企業の将来も「見える化」する(提供:NTTソフトウェア)。(2010/8/9)

今こそ考えたい“誤送信対策”
電子メールの「誤送信」について、企業でできる対策の考え方、および各社から提供されている製品・サービスを紹介する。(2010/6/30)

ホワイトペーパーレビュー
IFRS適用のメリットが分かる3つのホワイトペーパー
コストが掛かると指摘されるIFRS適用。しかし、適切に導入すれば、コストを上回るメリットを得ることができる。現場、経営層共に納得できるIFRS適用のメリットを3つのホワイトペーパーから読み取る。(2010/6/14)

ネットワーク電話帳を複数企業で活用――「ProgOffice 2.0」
オフィスの携帯電話活用をサポートするNTTソフトウェアのソリューション「ProgOffice 2.0」がバージョンアップ。ネットワーク電話帳を子会社や関連会社でも利用可能になる。(2010/6/9)

ホワイトペーパー:
情報満載、うっかり置き忘れ、通話記録なし――携帯電話はセキュリティ対策の「盲点」だ
電話帳には個人情報が満載で、紛失や盗難のリスクも高い。私用端末を業務に使っている場合はさらに問題である。こんな“セキュリティ対策のお荷物”ともいえる携帯をセキュアな業務効率化ツールに変える方法とは(提供:NTTソフトウェア)。(2010/6/7)

PR:課金システムを低コスト・短期間で構築する「Billingソリューション」
サービスが多様化した現在、求められる課金方式もさまざまだ。さらに市場ニーズへの迅速かつ柔軟な対応と、低コスト・短期間でのシステム構築の両立も求められる。こうした課題を解決するのが、数々の実績を集約したNTTソフトウェアの課金システム構築ソリューション「Billingソリューション」だ。(2009/11/18)

PR:ID、パスワード+“電話”で本人認証を高度化――NTTソフトウェアの「CallPassport」
ID、パスワードを入力したあとに、電話をかけるだけで本人認証が高度に――。セキュリティの確保が重視される中、簡単操作で利用でき、導入コストを抑えられる認証ソリューションとして登場したのがNTTソフトウェアの「CallPassport」だ。(2009/11/9)

オルタナブログ通信:
拡張現実と仮想現実――セカイカメラを使ってみた
220組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを発信しているビジネスブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今週は「クラウド」「セカイカメラ」「Twitter」「SNS」といったテーマで紹介しよう。(2009/10/9)

SMBのためのSaaS利用術【第3回】
実はある、基幹系をSaaSで生かせる分野
まだ成長段階にある中小企業の基幹系システム。とかくSaaSには向いていないといわれるが、有効にSaaS活用できる領域は確かに存在する。(2009/7/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。