ニュース
» 2009年07月02日 16時16分 UPDATE

新種マルウェアが減少も、年間最多ペースは変わらず――G DATA調べ

G DATAによれば、新種マルウェアの発生数が減少傾向にあるが、年間では過去最多になる可能性がある。

[ITmedia]

 セキュリティソフト会社のG DATA Softwareは7月2日、6月のマルウェア動向について発表した。新種マルウェアの発生数が3カ月連続で減少しているが、過去最多になる可能性があるという。

 6月の新種マルウェアの発生数は8万3072種で、3月の11万3046種をピークに4月が9万3785種、5月が9万1691種と減少傾向にある。しかし、100万種以上になった2008年の発生ペースを上回っており、2009年も過去最高を更新する可能性があるという。

 種類別では、トロイの木馬が28.8%で最多を占め、以下はダウンローダー(23.4%)、バックドア(19.9%)、スパイウェア(15.9%)、ワーム(4.0%)だった。バックドアとスパイウェアの割合は5月から上昇している。

 マルウェア別では、改ざんされたWebサイトやスパムメールなどで感染し、キーロガーなどを呼び込むトロイの木馬「Buzus」が5.2%でトップだった。2位はバックドアの「Bifrose」(5.1%)、3位はスクリーンショットを撮る機能も持つバックドア「Hupigon」(4.3%)だった。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

マルウェア | G DATA Software | ウイルス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -