ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウイルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ウイルス、ワーム対策製品一覧 − TechTargetジャパン メールセキュリティ
質問!ウィルス対策→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でウィルス対策関連の質問をチェック

5月よりも回復傾向:
「N-BOX」が3割減でもトップ、「ライズ」「ハスラー」など新型車は伸長 6月の新車販売
6月の国内新車販売は、新型車で台数の伸びが目立った。新型コロナウイルスによる影響は残るものの、5月と比べて回復傾向が見られる。トップは7カ月連続でホンダの軽自動車「N-BOX」。(2020/7/6)

今日のリサーチ:
外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を対象にした調査結果からハイライトを紹介します。(2020/7/6)

A-Styleフォーラム 2020:
コロナ禍で浮き彫りとなった工務店のリスク、従業員とビジネスを守るには?
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、工務店やビルダーでも、部材の納品遅延などによる施主からの契約打ち切りなど、今までに無い突発的なトラブルに巻き込まれる例が増えてきているという。匠総合法律事務所 秋野卓生氏は、住宅事業者向けオンラインセミナーで、コロナ禍にあって、事業を継続し、従業員を守るために、クレーム対応や契約解除などにどう対処すべきか、法律的な視点からの知見をレクチャーした。(2020/7/6)

デジタル版「投げ銭」はスポーツ界に浸透するか プロ野球阪神で開始、J1「大阪ダービー」でも企画
 テレビ観戦しながら、ひいきの選手に手持ちのスマホで“おひねり”をプレゼントする−。芝居や大道芸で、客が集金用の箱や袋にお金を投げ入れる慣習として定着してきた「投げ銭」が、スポーツ界にも普及しそうだ。新型コロナウイルスの影響で、プロ野球やJリーグが無観客試合(リモートマッチ)で再開する中、スタジアムで応援できないファンとチームを結ぶ新たなツールとして脚光を集める。プロ野球で初めて導入した阪神の担当者は「球場以外の場所から選手を熱く応援してもらえる新しい観戦スタイル。大勢のファンが参加してもらえるようになれば…」と期待を寄せた。(上阪正人)(2020/7/6)

危機下で高まるユニファイドコミュニケーションの価値
新型コロナ禍の在宅勤務が「UC」に引き起こす3つの変化
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う在宅勤務などのテレワーク拡大は、「ユニファイドコミュニケーション」(UC)ツールにどのような変化を促すのか。主要な3つの変化を紹介しよう。(2020/7/6)

新型コロナウイルス関連倒産、全国で311件に 外出自粛の影響大きく、業種別では飲食店が最多
月別の倒産件数では6月が最多となっています。(2020/7/5)

「事実が故にネタでしかない!!!」 “日本一フォロワー数と来館者数が比例しない”桂浜水族館の実情と希望の光
新型コロナウイルス問題についても。(2020/7/5)

東京ワンピースタワー7月末に閉園へ コロナ禍でサービスの提供を長期的に継続することが難しいと判断
最後の思い出に、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿った対策をしたうえで、人数を制限し入園無料で営業再開を予定。(2020/7/4)

コロナ禍に大雨&台風災害が発生したらどうしたらいい? しっかりと備えておきたい対策集
新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んでいます。(2020/7/4)

産業動向:
今期堅調も新型コロナで来期は大幅減を懸念、2020年3月期通期決算から見る建設市況
ヒューマンタッチ総研は、建設業主要各社の2020年3月期通期決算のまとめと今後の市場予測を公表した。レポートでは、新型コロナウイルスの影響を見据えたゼネコンの2021年3月期業績予測が、7社中6社で大幅な減収減益となる見通しが指摘されている。(2020/7/4)

オンライン学習やWeb授業を「ニューノーマル」に 教育市場におけるインテルの取り組み
インテルが教育市場における取り組みを説明するセミナーを開催した。新型コロナウイルスの感染拡大により、遠隔授業に関する課題がさまざま明らかとなる中で、同社はどのようなことに力を入れているのだろうか。(2020/7/3)

“コロナ前後”の移動や消費データ、地域別に可視化「V-RESAS」内閣府が公開
新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を、地域別に把握できるデータまとめサイト「V-RESAS」を、内閣府が公開した。エリアごとの移動人口や、スーパーのPOSレジで集計した売上高の変化などをグラフで確認できる。(2020/7/3)

新型コロナウイルス接触確認アプリ、陽性者との接触が通知可能に
「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」にて、7月3日から陽性者がアプリに登録するのに必要な処理番号の発行が可能になった。これにより、陽性者と14日以内に接触した可能性のある人への通知が可能に。通知はアプリの「陽性者との接触を確認する」から見られる。(2020/7/3)

台湾の天才IT大臣、日本のオンラインイベントで新型コロナ対策語る 14日開催
台湾のIT担当大臣で、新型コロナウイルス対策に手腕を発揮した唐鳳(オードリー・タン)氏が、トレジャーデータが主催するオンラインイベント「PLAZMA12」に7月14日に登壇する。(2020/7/3)

台湾の「電子フェンス」:
携帯の電波のみで自宅待機者を追跡
台湾は、新型コロナウイルス感染症の拡大を阻止する上で効果的な取り組みを実施したとして、世界的な称賛を得ている。その一環として開発された「電子フェンス」は、隔離対象者を携帯電話機経由で追跡し、確実に自宅待機させるというシステムだ。(2020/7/3)

Mobile Weekly Top10:
シャープのマスク、ようやく抽選倍率が100倍を切る/「Android化」が進んだiOS 14?
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、シャープがマスクの生産に取り組んでからしばらくたちました。先日行われた第9回目の抽選で、ようやく倍率が100倍を切ったそうです。(2020/7/2)

行きたい場所や電車の混み具合は? すぐに分かるサービスを調べてみた
新型コロナウイルスの感染拡大以来、気楽に外出できる状況ではなくなってしまいました。行きたい場所が「密」な状況なのはとてもイヤなもの。そこで行きたい場所や電車、施設の混雑度を測るサービスを集めてみました。(2020/7/2)

ワーストはどこ?:
まさかの岩手県がトップ! 接触確認アプリ「COCOA」インストール率
厚生労働省が6月19日にリリースした、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」。インストールした人を都道府県別にみると……。(2020/7/2)

観客に会えるまで……公演配信は「つなぎ」ライブハウス支援継続訴え
新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、無観客公演の配信に注目が集まっている。(2020/7/2)

PayPay、自治体タッグで住民向け還元キャンペーン マイナポイント連携も
PayPayが、モバイル決済サービス「PayPay」を導入する自治体に対し、住民向けキャンペーンの実施を支援する「あなたのまちを応援プロジェクト」をスタート。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた地域経済の活性化を目指す。(2020/7/2)

製造マネジメントニュース:
三菱自が3拠点で7月も稼働調整、国内生産の前年割れつづく
三菱自動車は2020年6月30日、7月の国内生産拠点の稼働休止予定を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の自動車市場への影響を踏まえて生産を調整する。(2020/7/2)

中高年社員にITリテラシー必須の時代! withコロナ時代の“新しい生活様式”
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う外出自粛も緩和の方向に向かっているが、元に戻るのではなく“新しい生活様式”への変化が求められている。中高年世代の社員はWeb会議やペーパーレス化などに対応すると同時にITリテラシーの強化も必要になっている。(2020/7/2)

2024年の市場規模は5630億円:
新型コロナウイルス感染症の影響は? IDCが国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表
IDC Japanは、国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表した。2019年の市場規模は、対前年比2.6%増の5425億8300万円。2019〜2024年の年間平均成長率は0.7%で、2024年の市場規模は5630億6900万円の見込み。(2020/7/2)

プライバシー課題を克服
「合成データ」とは何か? COVID-19の治療法研究を迅速化
患者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法をいかに早く見つけ出すか。その有力な手段となり得るのが「合成データ」だ。(2020/7/2)

24時間365日、全世界対象のEDR運用を可能に
ユーシン精機が挑戦、次世代エンドポイントセキュリティ運用の最適解とは
「プラスチック成形品取出ロボット」のリーディングカンパニーであるユーシン精機は、ファイルレス攻撃を利用した標的型攻撃対策を進めるため、従来型アンチウイルス製品の採用をやめた。運用負荷なく世界に散らばる拠点を守った方法とは。(2020/6/30)

増えるオーケストラのライブ配信 コロナ後の事業の柱と期待
オーケストラがコンサートのライブ配信に積極的に取り組み始めている。新型コロナウイルスの感染拡大で、コンサートの自粛が続くなか、ライブ配信は「あらたな事業の柱になる」と期待。しかし、配信にも費用が必要で、オーケストラは政府の支援に期待を寄せる。(2020/7/1)

組み込み開発ニュース:
ファン付きバイザーでマスクやフェイスシールド着用時の暑さ軽減、キヤノンが開発
キヤノンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に必要なマスクやフェイスシールドを着用する際の暑さ軽減を目的にファン付きバイザーを開発したと発表した。生産現場などを中心に社内での利用を開始している。(2020/7/1)

産業動向:
新型コロナの不動産業界への影響を調査、81%が集客減
クラスココンサルファームは、同社の不動産テックを利用する全国の不動産業4000店舗にアンケート調査を行い、新型コロナウイルス感染症への影響などを調べた。(2020/7/1)

ヤフーとLINE、経営統合に遅れ 新型コロナの影響で
ZホールディングスとLINEが、10月をめどにしていた経営統合に遅れが生じていると発表した。新型コロナウイルス感染症の流行で手続きが滞っているという。(2020/6/30)

新型コロナウイルス接触確認アプリ、利用開始日の不具合修正 まずはiOSから
厚生労働省は6月30日、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」のiOS向けアプリを「1.1.1」にアップデートした。利用開始日が当日の日付で表示されてしまう不具合が修正される。Android版の修正も近日中を予定している。(2020/6/30)

5Gの契約数は2万 PHSの契約数は残り162万――総務省が2020年3月末時点の「電気通信サービスの契約数とシェアに関する四半期データ」を公表
総務省が四半期ごとにまとめている「電気通信サービスの契約数とシェアに関する四半期データ」の最新版が公表された。5Gの契約数が初めて公表され、全キャリア合わせて「2万契約」であることが判明し、新型コロナウイルスの影響でサービス終了が延期されたPHSは162万契約が残存していることが分かった。(2020/6/30)

組み込み開発ニュース:
CO2センサーで“密”な状態を判別するシステムの構築キットを発売
ぷらっとホームは、新型コロナウイルスの感染防止に向けて、密状態の判別に用いる二酸化炭素センサーシステムの構築用キット「密ですシステム構築用センサーパッケージ」を発売する。(2020/6/30)

Facebook、匿名化OS「Tails」ユーザーの正体暴く技術を開発 米FBIへ提供していたことが明らかに
米Facebookが米連邦捜査局(FBI)に協力し、犯罪者のネット上での足取りを割り出す技術を開発、提供していたことが分かったと、米ニュースサイトが報じた。この技術の利用により、ネット上での動きを“匿名化”していた性犯罪者の逮捕に至ったという。日本でも、ウイルスを使った捜査を取り入れるか検討の準備が始まっている。(2020/6/30)

スーパーのキャッシュレス決済比率36.7%に上昇 新型コロナで増加
 全国スーパーマーケット協会は29日、全国の食品スーパーのキャッシュレス決済比率が、政府のキャッシュレス決済によるポイント還元事業の参加企業分で、事業開始前の15.5%から36.7%へ大きく上昇したと発表した。非対象企業分でも22.3%から33.3%に増加。特に新型コロナウイルス感染拡大前後の2月から6月にかけて伸びたという。メリットとしては▽会計時間の短縮▽現金管理の軽減▽新たな客層の発掘−が上位に挙げられた。(2020/6/30)

アクティビスト 物言う株主、高まる存在感
 上場企業の経営に積極的に口を出す投資家「アクティビスト(物言う株主)」の存在感が年々高まっている。社外取締役選任や役員報酬見直しなど要求内容に広がりが出てきたほか、株主総会への議案提出も増えている。企業統治改革が進んだことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大で、中長期的な成長戦略に関心が向いたことが影響している。株式市場に金融緩和マネーが大量に流入していることも背中を押している。(2020/6/30)

医療機器ニュース:
呼吸音遠隔モニタシステムに関する研究開発が、AMEDプロジェクトに採択
パイオニアと広島大学は、聴診音解析AIを応用した「呼吸音遠隔モニタシステムに関する研究開発」が、日本医療研究開発機構の「ウイルス等感染症対策技術開発事業(実証・改良研究支援)」に採択されたと発表した。(2020/6/30)

AR:
自宅でバーチャル内覧できるアプリ不要の体験型サービス、YONDE
ARで「体験型広告」の開発を行うYONDEは、新型コロナウイルス禍で物件の内覧者数減少に悩む不動産業界向けに、スマホで物件をバーチャル内覧できる体験型サービスを開始したことを発表した。(2020/6/30)

中村研太のSEOウォッチ(2020年1〜6月):
Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向においては、どのような変化があったでしょうか。(2020/6/30)

建設業の人材動向リポート(22):
「労働力調査」に見る雇用環境の変化〜コロナウイルスの影響で急激に悪化する雇用環境〜
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をさまざまな観点からレポートしている。今回は、総務省統計局の「労働力調査」について分析している。(2020/6/30)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第2回】
新型コロナ「接触確認アプリ」が抱える“根本的な問題”とは?
新型コロナウイルス感染症対策として、感染者との接触の有無を知らせる接触確認アプリケーションの開発が進んでいる。エンドユーザーのプライバシー侵害を懸念する声が上がっているが、問題は他にもある。(2020/6/30)

新型コロナを大学はどう乗り切っているか【後編】
「頻繁な絵文字通知は煩わしい」 コロナ禍のチャットbot導入校に学生が本音
流行の拡大を防ぐため、新型コロナウイルス感染症対策として大学の学生は自宅待機を要求された。対面でコミュニケーションが取れない状況で学生の状態を把握するためにはさまざまな課題がある。(2020/6/30)

リストバンドで熱中症リスクを管理 損保ジャパンとNTTPCコミュニケーションズが業務連携
新型コロナウイルスの感染予防のためマスク着用での作業が増える中、例年以上に高まる熱中症リスクに対応する。(2020/6/29)

金融庁、7月で発足20年 コロナ、仮想通貨など新たな課題に直面
 金融庁が平成12年に発足してから、7月1日で20年を迎える。最大の課題だった不良債権処理でかじを取るなど、バブル経済崩壊後の危機対応で重要な役割を果たしてきた。現在は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、金融における新たな役割も求められている。金融とITを融合した「フィンテック」への対応や地域金融機関の強靭(きょうじん)化といった新たな課題にも取り組むが、道半ばだ。(2020/6/29)

コロナ禍で3D葬儀 老舗葬儀会社の生き残り戦略
新型コロナウイルスの感染拡大を機に、葬儀業界で葬儀のデジタル化が進んでいる。3D映像やWeb会議ツールを使った葬儀も現れた。葬儀のデジタル化には否定的な意見もあるが、超高齢化や核家族化の進行で需要は高まっていきそうだ。(2020/6/29)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(5):
アフターコロナを生き抜く製造業が“ニューノーマル”で求められるものとは
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第5回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により大きく変容した社会情勢を指す“ニューノーマル”の中で、製造業に求められるものについて論じる。(2020/6/29)

新型コロナ接触追跡システムの可能性【前編】
大学病院が「新型コロナ接触追跡システム」を導入 メリットは何なのか?
新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に注意喚起する「接触追跡システム」で感染経路を追跡することは、どのような社会的意義があるか。米国医療機関の導入事例を紹介する。(2020/6/29)

10万円給付金マネー流入か:
なぜ? コロナ禍で株価「V字回復」のミステリー
新型コロナウイルス禍で実体経済の回復には時間がかかると予想されるにもかかわらず、日米欧など世界の株価は「V字」回復を果たしつつある。(2020/6/27)

経産省、新型コロナウイルスの消毒方法まとめる 石けんに次亜塩素酸水も
新型コロナウイルス対策でアルコール消毒液の代わりになる消毒方法の検討を進めてきた経済産業省とNITEが新たに「純石けん分」や「次亜塩素酸水」も有効とする最終報告。(2020/6/27)

Zoomを襲う悪質行為【前編】
「Zoombombing」(Zoom爆撃)とは? Zoom会議への乱入が起こる仕組み
新型コロナウイルス感染症対策で普及が進んだWeb会議ツールの一つが「Zoom」だ。その普及と同時に、Zoom会議を狙ったサイバー攻撃「Zoombombing」も活発になってきている。なぜZoombombingは起こるのか。(2020/6/27)

アストラゼネカ、新型コロナワクチン供給で日本政府と協議へ
新型コロナウイルス感染症ワクチンの日本国内への供給に向け、アストラゼネカ日本法人が政府と協議を進めることに合意したと発表。(2020/6/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。