ニュース
» 2009年07月15日 08時20分 UPDATE

Oracleが四半期パッチを公開、30件の脆弱性に対処

「脆弱性を放置すれば攻撃にさらされる危険がある」とOracleは強調している。

[ITmedia]

 米Oracleは7月14日、四半期ごとに定例公開しているクリティカルパッチアップデートをリリースし、データベースなど多数の製品に存在する計30件のセキュリティ問題を修正した。

 今回のパッチで対処した脆弱性は、製品別に見るとDatabase Serverに存在するものが10件、Secure Backupが2件、Application Serverが2件、E-Business Suite/Applicationが5件、Enterprise Managerが2件、PeopleSoft Enterprise/JD Edwards EnterpriseOneが3件、Siebel Enterpriseが1件、BEA Products Suiteが5件となっている。

 Oracleでは、脆弱性を放置すれば攻撃にさらされる危険があると強調、できるだけ早期のパッチ適用を呼び掛けている。次回のクリティカルパッチアップデートは10月13日に公開予定。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -