ニュース
» 2009年07月21日 16時00分 UPDATE

富士通とSun、SPARC Enterpriseのプロセッサおよび仮想化管理機能を強化

富士通とSunは、SPARC Enterpriseのプロセッサ性能と仮想化環境での管理機能向上を発表。全世界で販売する。

[ITmedia]

 富士通と米国Sun Microsystems(以下、Sun)は、UNIXサーバ「SPARC Enterprise」の性能強化を発表。7月21日より販売を開始する。

 強化のポイントとしては、まずプロセッサの性能向上が挙げられる。SPARC Enterprise T5120/T5220/T5240/T5440の4モデルで1.6 GHzのUltraSPARC T2およびUltraSPARC T2 Plusプロセッサを採用した。例えばSPARC Enterprise T5440では、クライアント/サーバ環境におけるJavaアプリケーション性能のベンチマーク指標「SPECjAppServer 2004ベンチマーク」において、従来比約20%の性能向上を果たしたという。

 また上記4モデルにSPARC Enterprise T5140を含めた5モデルについて、LDoms(ロジカルドメイン)1.2の機能向上を図った。ユーザーは専用のツールで仮想環境を設定または移行でき、またドメインからドメインへ動的にサービスを再配置できる。未使用のCPUコアの電源を自動的に切断するCPU電源管理機能も備えた。これにより仮想化環境における運用管理の柔軟性が向上するという。

 富士通とSunはそれぞれのブランドにおいて、SPARC Enterpriseサーバを全世界で販売する。両ブランドの機能は同一となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ